全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

バイカラーのマフラー一つでオシャレ度200%

2019年12月23日更新

breezy blue シルクニットマフラー、ワンピ―ス sirenemermaid

シンプルな服で素材がいいものを選ぼう。服選びの基準がそんな風に変わってきた時、同時に、ベーシックなTシャツやカーディガンが「自分に似合わなくなってきた」と感じた経験はありませんか?

なんだか落ち着きすぎて、場合によっては少し老けて見えるような…。昔と違って言葉を慎む大人たち、いい時は褒めてくれるけど、友人であっても「今日の服なんか似合ってないよ、老けて見える」とまでは言いませんから、鏡の前で「あれ?」としっくりこない感を感じたら、なにか対策をとるようにしています。

目下大活躍しているのが、breezy blueのシルクニットマフラー。このマフラーがあるだけで、シンプルなコーディネイトがぐっと垢ぬけて見えます。

バイカラーの差し色がいい仕事をしてくれます

ベーシックカラーの服が多い人ほど、このマフラーの恩恵を実感することと思います。実際使ってみてびっくりしました、ホントに普段のコーディネイトが見違えるようにイキイキするんです。

自分でも一番驚いたのは、今愛用しているリバーシブルガウンコートにこのマフラーを合わせたとき。

ガウンコート MB、ブラウス TUTIE、パンツ Kilka、ウォレットバッグ

リバーシブルガウンコートは表がベージュ、裏がこげ茶の細かい千鳥格子。トレンド関係なく長く着られる品のいい生地ですが、見方によっては地味というか、華やぎのある色合わせではないんですよね。特に私は肌の色がオークル系なので余計に。

なので、中のニットの色や、耳周りのアクセサリー、はたまたバッグなどコーディネイトを工夫するわけですが、このマフラーを合わせると一発解決という感じです。

ワンピース sirenemermaid

青と黄色というパンチのある2色が、すごくいいアクセントになってくれます。しかも配分が絶妙。間に定番色のライトグレーを挟んでの差し色2色。色遣いをこういう風に着地させるって、やっぱりデザイナーさんってすごいなと思いますよね。

シルクニットの気持ち良さも格別

そしてもう一つ、やはりシルクニットの気持ち良さ、快適さが格別です。もともとデザイナーの竹澤さんは、冬の巻き物はボリュームがあって暑すぎるものが多くない?というところから、本当に必要なサイズと暖かさ、巻いた時も手に持った時も快適なサイズとボリュームを計算して、このマフラーを作られました。

カットソーKilka、バッグ STYLE STORE×POMTATA

お客さまの中でも、都市部にお住まいの方は特に、電車→乗換→電車→屋外→商業施設や会社→屋外と、1日の中で気温や湿度が大きく変わる中で巻物を使われると思います。

畳むと薄手のカーディガン1枚分ぐらいのボリュームに

シルクが便利なのは、素材が持つ温度と湿度の調整機能のおかげです。例えば、ホームで電車を待つ間の寒さから、暖房の効いた満員電車に乗ると、途端に暑くなって首元が蒸れてくることがあります。でもシルクニットの場合は「汗で蒸れて外したくなる」ことがありません。1日の中でも、年間を通じても、巻いていられる期間が長い。

お手入れは、手洗いの「押し洗い」がおすすめです。ニットが伸びないように、できれば平干しするとベスト。

ニットマフラーというと冬物というイメージがありますが、シルク100%なら季節の変わり目を含めスリーシーズン活躍してくれます。

装いにピリッとアクセントを添えてくれるバイカラー。便利に使えるデザインで、素材が上質という巻き物は、探しても実はなかなかないもの。

暗めの色が増える昨今、「最近コーディネイトがぱっとしないな」と思ったあなたに巻いてほしい一本です。

このコラムを書いた人

柳沼 周子

スタイルストア バイヤー

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

特集 / キャンペーン