全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

もう困らない!引っ越し内祝いのマナーとおすすめギフト

2017年11月02日更新

引っ越し祝いをいただいたら

感謝の気持ちをお返しで伝えたい

引っ越しをして新しい家に移った際に、家族や友人、職場の同僚などからお祝いをいただくことがありますね。そのお返しについて、今回は知っておきたいマナーや相場、お相手に喜んでいただけるギフトアイデアなどをご紹介していきます。いただいたお祝いに対する感謝の気持ちを、どのように伝えることができるでしょうか。

知っておきたい引越し内祝いのマナー

「お返し」よりも「内祝い」を

いただいた引っ越し祝いのお返しは「内祝い」という形で贈りましょう。「お返し」という言葉は「もらったから返す」という儀礼的な印象で捉えられてしまう可能性があるのでマナー的にNGです。「内祝い」は、良いことや喜ばしいことがあった家が、親しい方をお招きしてもてなす習慣を指す言葉。つまり、引っ越し祝いなど慶事にいただいたお祝いに対するお返しに使う表現です。

引っ越し内祝いを贈る時期

それでは、引っ越し内祝いを贈る時期はいつ頃がいいのでしょうか。一般的には、引っ越し祝いをいただいてから1~2カ月以内がタイミングとして適しています。ただし、お礼のお電話やお礼状は、お祝いをいただいた当日か翌日までに。郵送で贈られた場合などは、お祝いが届いたこともお相手にお伝えすることが大切です。

引っ越し内祝いの金額の相場

引っ越し内祝いの金額の相場も気になるところです。ほかのお祝いに対する内祝いと同じように、いただいたお祝いの3分の1から半額が平均的とされています。ただし、現金ではなく品物でいただいたお祝いのお品のお値段がわからない場合もありますね。そんな場合は、感謝の気持ちが伝わる引っ越し内祝いをお贈りしましょう。高額のお祝いをいただいた場合も同様です。

おさえておきたい水引のマナー

引っ越し内祝いに水引(みずひき)をつける場合、結び方にも決まりがあることをご存じでしたか?「何度あってもうれしいこと」という意味が込められた蝶結びにするのがマナーです。蝶結びは、何度もほどいて結びなおせることから、慶事への内祝いのシーンで使われているそうです。水引の色も、おめでたいときに使う紅白または金銀を選びましょう。

タオルは引越し内祝いにおすすめの定番ギフト

使い勝手のいい無地のタオルを

続いてここからは、引っ越し内祝いで贈りたいギフトのアイデアをご紹介していきましょう。まずは、定番ギフトの筆頭、タオル。どのご家庭でも使い勝手が良いように、無地のタオルを選ぶことをおすすめします。個性的なデザインは、お相手のお宅のインテリアにそぐわない場合もあるので要注意。国産素材を使ったものなど少しいいタオルを選ぶことがポイントです。

「綿畑からご家庭までずっとオーガニック」

こちらのタオルは「綿畑からご家庭までずっとオーガニック」というコンセプトで作られている「KuSu」の「ピュアオーガニックタオル for Ladies フェイスタオル2枚セット」。日本のタオル生産地として有名な愛知県今治市で、1931年からタオル作りを続けている老舗メーカーのタオルは、吸水性とやわらかさも折り紙付きです。

ハイドロ銀チタンタオル

専門医師と創薬企業がつくったウォッシュタオル 健康用」は、ハイドロ銀チタンという技術が使われた特別なタオルです。花粉やハウスダストをはじめ、汗やカビなどの不衛生なたんぱく質を分解し、二酸化炭素と水に変化させる力のあるハイドロ銀チタンは、空気清浄機にも使われているもの。その技術を活かしたタオルは、健康を考える方にもおすすめです。

手頃な価格で使い勝手のいい蚊帳ふきん

 

奈良に続く手織り麻の老舗「中川政七商店」のブランド「遊 中川(ゆうなかがわ)」の「ごあいさつふきん」も、引っ越し内祝いにおすすめのアイテム。伝統的手法で作られた蚊帳生地を2重にしたふきんは、吸水性も高く速乾性があります。カラフルな無地のふきんは、何枚あってもうれしいもの。白地に落ち着いた花模様があしらわれた「花ふきん」も人気です。

昔ながらの引っ越し内祝い

「入れる物」を贈る習慣

古くは、新築内祝いにグラスやカップといった「入れる物」を贈る習慣がありました。家を入れ物に見立て、それが完成したことに掛けていたとか。古き良き習慣に則って、グラスやカップを引っ越し内祝いのギフトに選んでもよいでしょう。こちらは、「100%」の「SAKURASAKU glass ロック 紅白セット」。喜ばしい内祝いにぴったりのおめでたい色味が魅力的です。

職人技ごとお贈りしたいうすはりガラスのグラス

こちらは、手にするとあまりの軽さに驚く方が多い「松徳硝子」の「うすはりシリーズ」のグラス。木箱入りの「 ボルドー2個組」です。箱書きにも葡萄酒器と書かれていますが、ワイン以外のドリンクにも使ええます。極限まで薄くしたガラスの繊細はテクスチャーを楽しんでいただける引っ越し内祝いとなることでしょう。

シンプルな陶器製の碗

シンプルな佇まいが美しい「万事急須」の「碗 白貫入」。日本茶用のお茶碗ですが、小鉢として小さなおかずを盛り付けたり、フリーカップとして野菜スティックやスナックを入れる器としても活躍してくれそうです。スタッキングして収納できる点も魅力的。ワンランク上の引っ越し内祝いとなることでしょう。

お相手の好みで選んでもらえるカタログギフト

予算に合わせて選べるギフト

最近人気が高まっているのが、カタログギフト。予算に合わせて好きなモノを選んでいただけるので、好みに合わないものやすでに持っているものと被らない!と好評です。贈る側も、品物選びに悩まなくていいこともあり、若い世代の間では定番化しつつあるようです。上述のように、高額のお祝いをいただいた場合も選択肢の多いカタログギフトなら安心ですね。

食品はカタログギフトが安心

食品を引っ越し内祝いのお品としてお贈りする場合は、賞味期限を気にしなくてもいいもの、日持ちのするものを選ぶほかに、贈る相手の方の好みや家族構成にも気を配る必要があります。そんな場合も、カタログギフトなら安心。お品選びに頭を悩ますことがありません。こちらは「日本のおいしい食べ物」というカタログギフト。予算に応じて5種類展開です。

いつもよりもちょっとおいしいものを

いつもよりもちょっと贅沢で、ちょっとおいしいものがたくさん見つかるのが「RINGBELL」の「美味百撰」カタログギフト。こちらは予算に応じて3種類が展開中です。10,000円の「銀杏」には、有名店をはじめとするおいしいものが100種類も掲載されています。

心を込めて感謝の気持ちを伝えましょう

引っ越し内祝いに関するマナーや贈る時期、品物の相場、おすすめギフトのアイデアなどをご紹介しました。どのようなお品であれ、引っ越し祝いをくださった方への感謝の気持ちを込めて選びたいもの。お品に添えるお手紙やメッセージカードにも素直な気持ちを書き記しましょう。

このコラムを書いた人

インテリアをはじめ、雑貨やファッション、アートなど美しいものが大好きです。夫と二人の息子、犬と猫と一緒に暮らしています。

特集 / キャンペーン