全商品ポイント10倍キャンペーン

インタビュー&ゲストコラム

歴史の中で育まれた美しいものを愛する全ての方々に

2017年11月19日更新

_MG_3208

sunao デザイナーの河本です。
西陣織といえば、、、
金糸をふんだんに使った
きらびやかな絹織物。
そんなイメージをお持ちの方が
多いのではないでしょうか。

実は私自身も、つい最近まで
そう思っていました。
岱﨑(やまざき)織物さんと
お会いするまでは。

初めて京都の工房を訪れて、
「復元織」のサンプルを拝見した時の
あの衝撃を、私は一生忘れないと
思います。

IMG_0141_1

口金長財布「Jardin eternel」
使われている「復元織」とは、
正倉院裂・古代裂・名物裂といった
古い裂を再現することを目的に
作られた、
岱﨑織物さんが
独自に考案された織物です。

歴史的にも貴重な名物裂の文様や
色調をもとに、経糸を2度染め、
絣調に仕上げられたざっくりとした風合い。

昔ながらの力織機で製織しているため、
大量生産には向いていません。
京都西陣の地で手間と時間をかけて
制作されている、岱﨑織物さん
オリジナルの裂地です。

また復元織はもともとは古い掛軸表装の
レプリカや修復のために織られたもの。
書や日本画など日本美術に寄り添う存在
として、日本文化の粋を支えてきた
由緒を持つ裂地でもあります。

HID17-80-0001-B466‗02

「唐花唐草文様(からばなからくさもんよう)」
は、シルクロードから伝来した柄。
はるか昔の文様なのに、今見ても
とても新鮮です。

まるで長い時を経たかのような
色味は、多色の縦糸と横糸を
精緻に組み合わせることによって
表現されています。

_MG_2307

そして、見る角度によって、
ほのかに布の色が変わります。
絹織物ならではの繊細な
ニュアンスは、PCでは伝えるのが
難しいので、本当はぜひ実物を
手にとっていただきたい!

裂地の色の背景は苔色、
お花は淡黄と璃寛茶という
日本の伝統色ですが、和の枠に
とどまらず西洋のヴィンテージ
ファブリックのようにも感じられる、
ノスタルジックで優しい雰囲気。

きらびやかな金襴とは相反する
侘び寂びの風情。決して派手な
布ではないのだけれど、
時を忘れてただ、ずっと眺めて
いたくなります。

_MG_2293

この裂地は、この財布「Jardin eternel」
のために特別に織り上げていただいたもの。
声を大にして言いたいのですが、、、
これは本当に贅沢で稀有なことなのです。

アパレル業界で仕事をされている方
ならなおさら、今回の裂地開発がいかに
スペシャルな仕事であったか、
理解していただけるかと思います。
鮮烈で確固とした
美しさを秘めた西陣織。

しかし現在では技術者の
高齢化や後継者不足により、
その技術が失われつつあります。

数知れない戦乱の世をくぐり抜け
伝わった日本の美しいものが、
私たちの世代でなくなってしまう
かもしれない。。。

その現実にただただ悲しくなります。

0511-005

伝統的な手わざに支えられた
日本の美しいものって、みんなどこか
儚くて、いつまでもそばにあると思って
心配りを忘れていると、ふと消えて
無くなってしまうものなんだと思います。

日本の美しいものに気づいていただく
きっかけになれば、つくり手として
心より嬉しく思います。

このコラムを書いた人

shizukakoumoto

shizukakoumoto

shizukakoumoto

特集 / キャンペーン