全商品ポイント10倍キャンペーン

バイヤーからのお便り

コートのホコリがさっと落ちる携帯ブラシ

2015年10月09日更新

column_20151009

コートが活躍するこの時期、
ちょっと気になってしまうことがあります。

それは、ストールやマフラーなどを
巻いた後に、首元や肩あたりに
残ってしまう細い繊維たち。

個人的に紺や黒色のコートばかり
着ているからか、
繊維の色が白っぽいと目立つし、
手で払おうと試みるも、なかなか
取れず・・・!
あれ結構落ちにくいんですよね。

column_20151009_4

そんな状況に風穴(?)を
開けてくれたのが
「REDECKER(レデッカー)」の
携帯用洋服ブラシ
これが本当に便利な道具なのです!

持ち運びしやすいサイズの携帯用ブラシ

気づいた時にさっとブラッシングできる

column_20151009_1

洋服ブラシといえば、その昔
父の洋服ダンスの中で見かけたからか
何となく紳士用のアイテムという
印象を持っていて、正直それまで
あまり身近な存在ではなかったんですね。

でも、使ってみたら、いやいや
何でもっと早く使わなかったんだと
思ったほど。

さっと撫でればホコリや細い糸が
簡単に取れ、コートやニットの
生地が整います。

生地の繊維が整う&洋服が長持ちします

column_20151009_5

ブラシ部分は天然の豚毛。
コシがしっかりとありつつも
洋服の生地を痛めません。

あと、ホコリがきちんと落ちるだけ
ではなくて、生地の表面がきれいに
整って風合いがぐっと良くなります。

洗濯を繰り返すと、どうしても生地が
痛んでしまうものですが、
服を着た後にちょっとブラッシングして
あげるだけで風合いが保たれるので
洗濯の回数も減って服が長持ちしますよ。

化学繊維を使っていないので、
静電気が起きにくいのもポイントです。

バッグの中に忍ばせて

column_20151009_6

横幅約13cmと手のひらサイズで
軽いので、バッグの中に入れて
持ち運びしやすいのも嬉しいところ。

お出かけ先や商談前にさっと
ブラッシングするのに便利です。

お家の中では、引っ掛けられるタイプが便利

ぜひブラシ選びの参考に!

column_20151009_3

REDECKERのブラシは種類がたくさん。
私も最初どれを選んだら良いか
迷ったので、
「これだけ押さえておけば間違いない」
という3種類をご紹介します。

まずは前述の携帯用ブラシ

あと、自宅用に選ぶとしたら、
洋服ブラシ トラディショナル
おすすめです。

カシミヤなど繊細な生地には、やわらかい毛のブラシを

column_20151009_12

この白っぽいブラシが、
洋服ブラシ トラディショナル

REDECKERの他のブラシと比べると
毛が柔らかくて、カシミヤなどの
繊細な生地のお手入れにぴったりです。

column_20151009_14

革紐付きなので、コートハンガーや
フックに引っ掛けることができます。
柄の形も握りやすい!

ウールコートや厚手ブランケットにはコシがあるブラシを

column_20151009_7

丈夫な生地で仕立てられている
ウールのコートやジャケット、
カーディガンやブランケットには、
コシがしっかりとしている
柄付き洋服ブラシ スタンダード
良いと思います。

シンプルなデザインや木の質感は
REDECKERならでは。
コートの時期はもちろんのこと、
季節を問わず活躍してくれる道具です。

ブラシをかけると何だか心もスッキリ
整う気がして、最近はそんな時間を
大切にしています。

REDECKER/携帯用洋服ブラシ
の商品ページはこちら>>

REDECKERのブランドページは
こちら>>

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン