バイヤーからのお便り

日本の冬に、インナーダウンのススメ

2015年10月11日更新

K1DX0311
こんにちは、柳沼です。
ホカホカの肉まんに魅せられる
季節になりました。

一説によると、肉まんは真冬よりも、
今ぐらいの寒くなり始めた時期のほうが、
売れるのだとか。そのせいか、
買いたいなーと思うと、目当ての味は
大体売り切れているような気が・・・
K1DX3860
さて、今日はインナーダウン2015入荷の
お知らせです!このダウンのご紹介も
今年で3年目になりましたが、昨年ちょうど
寒い時期に代官山店がOPENしたので、
少しショップにも置いたのですが、すごい
売行きでびっくりしました。
この便利さに魅せられる方は、やはり多い
んだなと実感して嬉しくなったものです。

コートが軽いって、想像以上に快適です

実際に着て、持ってみると実感します

K1DX0280
インナーダウンを着るまで、
あまり意識しなかったのですが、
冬の重衣料って「重い」ですよね。
その分もちろん暖かいわけですが、今まで
私が愛用していたウール100%のコートは
結構ずっしり感がありました。

それに対して、このインナーダウンは
とにかく軽いので、着ていて身体が
ラクなんですね。
K1DX0197
それに、コートは意外と「脱いだり着たり」
するものなので、手で持って歩く時間も
まあまあある。
暖房の効いた店内や電車内、美術館
なんかもそうですね。
そんなシーンも含めて、この「軽さ」が
すごく快適なんだなーと実感しました。

薄手でもやっぱり「ダウン」は暖かい

たためるから、旅行にも持参しやすい

ちなみにこのコート、「インナーダウン
なので、本来はコートの下に着るもの。
なので結構ぺらぺらです。
まあ、分厚かったらこの上にコートを
着るのが大変になってしまいますしね。
K1DX0224
ですが!薄くてもやはり中身は「ダウン」。
実際に着ると充分あったかいんですよ。
雪が降るような寒波の日を除けば、
マフラー&手袋とこのダウンだけでも
充分快適に過ごせました。
この軽いコートに着慣れると、しっかり
したコートが重く感じで、手が伸びなく
なるんですよね・・・。
K1DX3878
そしてこのダウン、かなりコンパクトに
畳むことができます。
実際畳んでどこかに持っていくという
機会はそんなにないかもしれませんが、
いつか必要になる時期が絶対に来るので
皆さん、どうか収納袋はなくさないように。
K1DX3868
私は去年、長野に紅葉を見に行った時、
念のため持って行ったこの子に救われ
ましたよ!下界との気温差10度でした。
山に行くとか、寒冷地へ旅行、なんて
シーンでは、このダウンが神に思える、
そんな日がきっと来るから、もう一度
言います、袋はなくさないように。
K1DX3854

あなたはロング派?ショート派?

インナーダウンを快適に着る方法

最後にインナーダウンを丸2年愛用した私と
着た感想を送ってくださったお客さまの声を
ご紹介しますので、お買物ガイドとして
お役立て頂ければ幸いです。
K1DX0147
まず、ロングショート、どっちがいい?
という点ですが、お尻までスッポリ!の
ロング丈の方が、暖かさではやはり上。
ただ、「手持ちのコートの方が短くて、
インナーには着られなかった」という方も
中にはおられましたので、コート代わり
というより、インナーとして着る方が多い
という方には、コート丈を選ばない
ショートがいいかもしれないですね。
あと自転車に乗る方は、足さばきの
関係から、やはりショートがおすすめです。
K1DX0067
それとサイズ感。
5-7号体型という細身のお客さまからは、
思ったよりフィット感がなかったという
感想を頂きました。
あと私は身長165cmで袖丈がジャスト。
167cmのお客さまから頂いた感想では
「袖丈がちょっと短い」とのこと。
身長が大きめの方だと、写真のような
袖を折り返す着方ができないですね。
K1DX0359
あと、私も「なるほど!」と感心した
素晴らしい声を送ってくださった方がいて、
最後にご紹介しておきますね。それは

「寒いからと言って、ダウンの下に
もこもこ着込むと、シルエットが
おばさんっぽくなるから要注意!」

というもの。私も気をつけます(笑)。

極寒というほどでもない日本の冬には
何かと便利な一着。
ぜひこの軽さを体感して頂きたいです。

Encachette/たためるインナーダウン
ロングの商品ページはこちら>>

Encachette/たためるインナーダウン
ショートの商品ページはこちら>>

このコラムを書いた人

柳沼 周子

スタイルストア バイヤー

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

特集 / キャンペーン