バイヤーからのお便り

夏はらぱん入荷のお知らせ、靴下のお詫びとご報告

2018年04月13日更新

harapan2018-1

こんにちは、バイヤーの柳沼です。
今年は桜の開花もだいぶ早く、
気温のアップダウンが激しい春でも
ありましたが、お変わりありませんか?

私はいつもこの時期、薄着になって、
冷え対策が手薄になって、体調を
崩しがち。先日も都内は22度、週末
福島で法事がありそこは7度、と結構
な気温差にさらされ、風邪をひきました。

そうこうしているうちに、「夏はらぱん
出来ました~」とくらしきぬさんから
連絡を頂き、あーやっぱり冷えは万病
のもとだったなと反省するのが、今年で
2回目になります。

糸が改良されて肌触りが良くなりました!

夏はらぱん_インディゴ2

グレーっぽく見えますが、今年の新色は「インディゴ」です

さて、今年の夏はらぱん。
今までのものと比べて、肌触りが良く
やわらかな質感に改良されました。

麻と綿がメインということで、シャリ感が
さっぱりと気持ち良かった反面、やや
ニットがかたい感じもありました。

4

2018年版はその点、素材や組成は
以前と同じですが、糸そのものが
変わったので、冬のウールのはらぱん
の手触りに限りなく近づいた印象です。

昨年ご紹介していたグレーは今年は
ありませんが、はぜひお買い物の
参考にご覧になってみてください。

子どもはらぱんが新登場

そして今回初めて登場したのが、
赤ちゃんから小学校低学年まで履ける
子どもはらぱん。

子ども夏はらぱん_ライトブルー3

2歳女児が着用したところ(カワイイ><!)

小さいうちから天然繊維のチカラで
お腹が守られているっていいですよね。

それと、服でもなんでも、お子さん用は
成長が早くてすぐ使えなくなってしまう
ものですが、はらぱんは伸縮性がある
のと、赤ちゃんの時はゆるゆるでも、
おくるみ的に使うことができるので、
数年単位で使える貴重なアイテムとして
出産祝いのギフトにも大変おすすめです。

シルク&ウールのフットカバーが改良されました

最後に大事なお詫びとご報告。
商品ページにも書きましたが、昨年
ご紹介したフットカバー、22.5cmと
足の小さなお客さまから「脱げにくい
って書いてあったけどすぐ脱げる」
「私はかかとが余ってしまう・・・」と
いった声を複数頂きました

商品ページの文章を信じて購入して
くださったお客さまには本当に申し訳
ないことになったと大変反省しました。

fcv9

くらしきぬさんへもお客さまから頂いた
お声をフィードバックし、昨年夏から、
なんとかこれを改善できないか?との
やり取りをしてきたところ・・・

_MG_2411

スニーカーにあわせるとこんな感じになります(この写真では目立ちませんが、両サイドからちょっと靴下が見えています)

工場も編み方も全部変えて、改良版
というか限りなく新商品なフットカバー
が完成したのです。

ひとつ変わらない点は、内側シルク、
外側はウールという天然素材の靴下
というところ。

fcv7

改良版は生地自体の伸縮性がかなりUPし、足全体を包み込んで脱げにくい、という仕様になりました

「おい、柳沼どうなってんだ!?」という
率直なお声を皆さんが寄せてくれた
お陰で、想像以上のスピード感で改良
できたと思います。

脱げにくい分、履き込みが深いので、
ちょっと見えちゃう(のがイヤだ)なーと
思ったのですが、このフットカバーに
合う靴を買おうと思ったぐらい、履いてて
気持ちがいいんです!

というわけで、夏はらぱんもフットカバー
も改良され、愛らしい子どもはらぱんが
仲間入りした2018春夏のくらしきぬ

シルク腹巻や、定番のはらぱん
(お客さまのリクエストで、通年でお取り扱い
することになりました!)、あわせて、
どうぞよろしくお願いいたします。

このコラムを書いた人

柳沼 周子

スタイルストア バイヤー

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

特集 / キャンペーン