全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

家族や友達と気軽におでかけ!デイキャンプを楽しもう!

2018年05月21日更新

手軽に楽しめるデイキャンプ!

日帰りで楽しむキャンプ

最近話題になっているデイキャンプをご存知でしょうか。家族やお友達と気軽に楽しめる日帰りのキャンプのことです。今回は、デイキャンプの楽しみ方や、デイキャンプに持っていくと便利なアイテムについてご紹介していきます。ピクニック気分で楽しんでみませんか?

デイキャンプってどういうこと?

幅広く使われている「デイキャンプ」という呼び名

↟ Hiro-taka ↟さん(@hilonox70)がシェアした投稿

そもそも、デイキャンプとはいったいどのようなものなのでしょうか。実は、この呼び名は、広範囲に使われているようです。基本的には上述のように、日帰りのキャンプのことなのですが、テントを張らずに行うお花見やバーベキューなどもデイキャンプと呼ばれる場合があります。

キャンプ用品がなくてもOK!

isuzu mintalさん(@isuzumintal)がシェアした投稿

デイキャンプは、日帰りで行われるものなので、宿泊道具が必要ありません。つまり、寝袋やベッドコットなどがいらないので、その分荷物が少なくて済みますね。キャンプ初心者の方など、キャンプ道具がそろっていない場合でも、十分楽しめるのがデイキャンプの魅力の1つです。

デイキャンプで楽しめること

屋外でお料理を楽しむ!

デイキャンプは広範囲に使われているため、さまざまなアクティビティが含まれていますが、ここでは代表的な楽しみ方をまとめてみましょう。まずは、お料理。屋外での調理やお食事は、いつもよりも開放的な気分を味わうことができます。ご家族やお友達と協力しながら作ることも楽しめます。

アウトドアスポーツを楽しむ!

Masahiro Kuramotoさん(@brewer0013)がシェアした投稿

デイキャンプの醍醐味は、アウトドアで思い切り運動できること。アクティビティ施設が整っている場所はもちろん、キャンプ場の近くの川で水遊びをしたり、ちょっとしたトレッキングやハイキングを楽しんだり。大きな声を出したり全力で走ったりするだけでも、お子さんにとってはストレス発散にもなるのではないでしょうか。

リラックスタイムを楽しむ!

カップル向けのデイキャンプでは、まったりのんびり過ごすこともおすすめです。野外で淹れたコーヒーを片手に、読書を楽しんでみてはいかがでしょう。ブランケットを掛けてお昼寝タイムを楽しんでもいいですね。いつもよりもリラックスした時間を満喫できそうです。

デイキャンプに持っていきたいものは?

①テント・ターフ

N A N G A よねぞーさん(@hhkky1816)がシェアした投稿

それでは、デイキャンプを楽しむために必要なアイテムをご紹介していきましょう。どれも必須というわけではありませんが、あるとより楽しめるのではないでしょうか。まずは、テント。上述のように、宿泊をしないので手軽なワンタッチテントでもいいですし、ターフでも構いません。テントがあれば、日よけや雨宿りの場所を確保することができます。

②テーブルとチェア

miya_waka_hide_さん(@38explore)がシェアした投稿

デイキャンプでの楽しみの1つに、野外でのお食事があげられます。地面にシートを敷いてもいいのですが、アウトドア用やキャンプ用のテーブルやチェアがあると便利です。折りたためるものなら、持ち運びもしやすいですね。

③調理道具

Yukinariさん(@lapizlazuri)がシェアした投稿

デイキャンプでは、いろいろなメニューを楽しむことができるので、それに合わせた調理道具も用意するといいでしょう。バーベキューを楽しみたい場合はバーベキューコンロやトングが必要です。フォークやお箸といったカトラリーも忘れずに。大人気のキャンプコーヒーに挑戦したい場合は、コーヒーポットやドリッパーを準備しましょう。

④食器

お食事をいただく食器は、アウトドア用の割れにくい素材のものがおすすめです。普段使っている食器でも、木製のプレートやボウル、ホウロウのカップなどでしたら軽くて丈夫なので使いやすいのではないでしょうか。木のカッティングボードは、プレート代わりにもなるのでおすすめです。

⑤レジャーシート

テーブルとチェアの代わりに、レジャーシートを敷いて地面に座ってもいいですね。お食事の時だけでなく、ごろりと横になってリラックスタイムを満喫することもできます。上掛けになるブランケットもあると万全です!

あると便利な雑貨は?

虫対策・日焼け対策のアイテム

ほかに、デイキャンプに持っていくと便利なアイテムもご紹介していきましょう。まずは、虫対策。野外に出かけるため、虫よけスプレーや虫刺されに効く塗り薬、パッチなどがあると安心です。さらに、屋外で長い時間を過ごすので、日焼け止めも大切ですね。お子さんにもしっかり塗ってあげましょう。

ほかにもこんなアイテムがあると便利!

そのほか、さっと汚れをふき取れるウエットティッシュやトイレットペーパー、残った食べ物を補完するためのラップやアルミホイル、クーラーボックス、万が一の時のための救急用品等があると便利ですね。熱中症を防ぐために、補給できる水分も忘れずに。また、デイキャンプでは出たごみは持ち帰ることが基本です。ゴミ袋は数枚用意しておくといいでしょう。

デイキャンプに持っていきたいおすすめアイテム

RED & WHITE/アイスコーヒーカップ

それでは最後に、スタイルストアで購入できるアイテムの中から、デイキャンプに持っていきたいおすすめをご紹介していきましょう。行先や目的によって、準備するべきアイテムは異なります。必要なものをピックアップしてみてくださいね。「RED & WHITE」の「アイスコーヒーカップ」は、銅製。冷たい飲み物におすすめです。

Obil/POLYGON Small 流し彫

まずはじめにご紹介したいのは、「Obil(オビル)」の「POLYGON Small 流し彫」。上述のように、木製のカッティングボードはまな板としてはもちろん、そのままプレート代わりにも使うことができるので、荷物を少なくしたいデイキャンプにはぴったりですね。

RIGA BASKET ピクニックバッグ

こちらは、ラトビア生まれの「RIGA BASKET(リガバスケット) ピクニックバッグ」。伝統的な手編みのバスケットに、ブランケットやポットを入れてデイキャンプへGO!おしゃれな雰囲気が楽しめます。柳を素材にしたバスケットは、収納アイテムとしてインテリアでも活躍してくれます。

pomme/パン切りナイフ

続いてご紹介するのは、「pomme(ポム)」の「パン切りナイフ」。手になじみやすい形状と、2種類の刃が特徴です。大きなバゲットやカンパーニュなどを切り分けたり、サンドイッチをその場で作ってカットしたりと、デイキャンプでも活躍してくれる1本です。

正角切溜三入子 オフホワイト

お弁当を詰めたり、食材を入れたり、デイキャンプの場所で盛り付け用の器代わりに使ったりと活躍してくれそうなのが、「正角切溜三入子 オフホワイト」。オフホワイトの漆は、珍しいですよね。シンプルでモダンなルックスが、デイキャンプにもぴったりです。

杉工場/折りたたみイス ネイビー

「杉工場」の「折りたたみイス」は、 ネーミング通りパタンと折りたたむことのできるイス。脚はナラ材、座面には綿100%のファブリックが採用されています。チェアとしてはもちろん、足をのせてオットマンのように使ったり、サイドテーブル代わりにすることもできて便利です。

思い立ったらデイキャンプに出かけてみよう!

このところ注目を集めているデイキャンプについてご紹介しました。宿泊をしないため、キャンプ初心者の方にもはじめやすいといわれているデイキャンプ。ご家族やお友達、カップルで、ぜひ楽しんでみてください。

このコラムを書いた人

インテリアをはじめ、雑貨やファッション、アートなど美しいものが大好きです。夫と二人の息子、犬と猫と一緒に暮らしています。

特集 / キャンペーン