全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

家族が気持ちよく過ごせるリビングに。収納テク&おすすめ9選

2018年09月06日更新

リビングは家族が集まるくつろぎの空間です。けれども物が散らかりやすい場所でもあるため、気持ちよく過ごすためには収納方法にも工夫が必要です。たとえば生活感を一瞬で隠せる収納ボックスを活用したり、手軽でなおかつ楽しみながら続けるのが長続きさせるポイントです。急な来客にも慌てないキレイで居心地のいい空間を目指しましょう。

「収納ボックス」で生活感をすっきり隠す

散らかりやすい小物はボックスに入れる

散らかりやすい小物類は、中身が見えないタイプの収納ボックスに入れるだけで見た目がすっきりします。しかしリビング収納では取り出しやすさもポイントになるため、使う頻度に応じて収納方法を変えてみるのもおすすめです。たとえばよく使うものであればフタ無しのボックスに、日用品のストックや出番の少ないものなら大きめの箱にまとめて入れておくといいですね。

使いやすいよう種類別に仕分けておく

収納ボックスはとても便利なアイテムですが、なんでもかんでも放り込んでしまえば迷子になって探すのに一苦労することも。そのため探す手間を省くためにも、使うときのことを考えて種類別に仕分けて収納しておくことをおすすめします。またフタ付きのボックスを使用するときは、中身がひと目で分かるようにタグや目印を付けておくと尚良いです。

インテリアにもなる!おすすめの収納ボックス

「MOHEIM/LINDEN BOX L ネイビー」

ただ収納するだけではなく、せっかくならリビングをセンス良く見せたい!そんな方には組み立て式の木製ボックス「MOHEIM/LINDEN BOX L ネイビー」がおすすめです。サイズやカラーバリエーションが豊富で、積み重ねることもできるため自由に組み合わせて使えます。リビング、寝室、洗面所などさまざまなシーンで活躍してくれます。

「COTAN/ラタンストレージボックス L」

ナチュラルな雰囲気が漂うラタン素材の収納ボックス「COTAN/ラタンストレージボックス L」。和洋問わずどんな空間にも馴染み、収納をしながらインテリアとしても楽しめる一品です。リビングに出したままでも絵になるため、日用品のストックを入れておいてたり一時的な保管場所としての活用もおすすめですよ。

「エストニアのパイン材ラウンドバスケットL」

たっぷり収納できるラウンド型のバスケット「エストニアのパイン材ラウンドバスケットL」。ぬくもり感たっぷりの天然木パイン材で作られており、軽くて丈夫なため持ち運びがしやすいです。このように掃除道具をしまっておいたり、使う頻度の高いものを入れておくのにぴったり。中身を隠しておきたいときは、おしゃれなハンカチをかけておくと良いですね。

「THE/THE STORAGE BOX A5S ベビーブルー」

文具、はがき、ケーブル類のようなこまごまとしたものは、出しっぱなしにしておくとゴチャゴチャした印象になりがち。そんなときに活躍してくれるのが、シンプルデザインが魅力の収納ボックス「THE/THE STORAGE BOX A5S ベビーブルー」。生活感を感じさせないすっきりとした見た目で、リビングをスタイリッシュに演出してくれます。

「MOHEIM/TIN BOX M ホワイト」

すっきりとした佇まいが美しいブリキ缶ボックス「MOHEIM/TIN BOX M ホワイト」。プラスチックとは違い丈夫で長持ちするため、つぶれたり劣化しにくく長く愛用できます。リビング収納に役立つのはもちろんですが、テイストを問わないデザインは薬箱やお裁縫箱など幅広い用途で活躍してくれます。

「GEOMETRY Pilier R イエロー Sサイズ」

リビングのアクセントにもなってくれるポップな色味がかわいい「GEOMETRY Pilier R イエロー Sサイズ」。布製で軽いため子どもでも持ち運びしやすく、おもちゃ収納にもおすすめのアイテムです。内側がポリエチレンラミネート加工されているため、ファブリックでありながらも汚れや水に強いところも嬉しいポイントです。

空間を広く見せるオープンタイプの「収納家具」

圧迫感が少ないので空間が広く見える

居心地のよい空間を目指すなら、圧迫感の少ない収納家具を選ぶことも大切なポイントです。そこでおすすめしたいのが「オープンタイプ」の収納アイテム。リビングはただでさえ物が多い場所なので、存在感がありすぎると窮屈な印象になりがちです。そのため空間を広く見せたいなら、背板のない開放的なデザインを選んでみてはいかがでしょう。

買い足せるものならレイアウトも自由自在

買い足しできるボックス型の収納家具であれば、家族が増えたりリビングの模様替えにも柔軟に対応してくれます。自由自在にレイアウト変更できるため、自分好みの空間を手軽に作ることができます。見せると隠すの2つの収納を上手に使い分けたり、インテリアを飾るといった思い思いの楽しみ方ができます。

見せる収納が楽しめる!おすすめの収納家具

「OAK VILLAGE/Kigumiシェルフ ナチュラル」

OAK VILLAGE/Kigumiシェルフ ナチュラル」は、光を遮らない開放感のあるデザインが魅力的。リビングに散らかった雑誌を並べたり、小物はボックスに入れて収納するなど自分好みのアレンジが可能。収納力はあるのに圧迫感を感じさせないため、すっきり片付くだけではなく空間を広く見せることができます。シンプルなデザインでお手持ちの家具との相性も抜群です。

「OAK VILLAGE/たなKOBAKO」

家族が増えたりリビングのレイアウトを変更したいなど、暮らしの変化にも柔軟に対応してくれる箱型ボックス「OAK VILLAGE/たなKOBAKO」。真ん中に仕切りが付いているため、棚として使用したり別売りの収納箱を引き出し代わりにするのもおすすめです。複数並べて間仕切り棚として使ったり、アイデア次第でさまざまな楽しみ方ができます。

「cosine/ワゴンシェルフ メープル材」

移動が便利なキャスター付きシェルフ「cosine/ワゴンシェルフ メープル材」。場所をとらないコンパクトなサイズなので、リビングに大型家具を置きたくない方にもぴったりです。上のバーのサイドには小物を吊るしておけたり、大きな布をかけておけばちょっとした間仕切りにもなります。使い勝手が良いのでキッチンや子ども部屋の収納にもおすすめです。

家族が自然と集まる居心地のいいリビングに

リビングは様々なアイテムが混在しているため、種類別や使用する頻度に応じて収納方法を変える必要があります。「見せる」と「隠す」を上手く使い分け、それぞれの居場所をきちんと作ってあげることが大切です。

またキレイを長続きさせるには、取り出しやすいかどうかもポイントになります。その他にも折りたたみ式のボックスをひとつ用意しておくと、一時的な保管場所として来客時にも大変重宝します。ぜひ手軽にできるものから実践してみてくださいね。

特集 / キャンペーン