インタビュー&ゲストコラム

【Kilkaアワード】話し、伝えるプロとしてー岸田 彩加さん

2018年10月23日更新

こちらのコラムでは、
Kilka パラレルワークウーマンアワード」を
受賞された4名の方々へのインタビューを
お届けします。

副業・兼業を実践している
働く女性たちの仕事スタイルや
忙しい中でどんな時間の使い方の工夫を
されているかなどを教えていただきました。

-------

フリーアナウンサーとして
第一線でご活躍されるかたわら、
ライター業や企業広報などにも携わるなど、
多方面で才能を発揮されている
岸田 彩加(きしだ あやか)さん。

放送局各社で『TBSニュースバード』を
はじめさまざまな番組でキャスターを
務められたのち、2013年にフリーランスへと転身。

現在は、テレビ埼玉で『ニュース930』 などの
報道番組を担当されています。
そのほか、ナレーションや話し方講座を
持たれるなど、「話すプロ」としての活動は
多岐に渡ります。

また、株式投資情報サイト
「会社四季報オンライン」 で経済コラムを
執筆されているほか、
美容雑誌『VOCE』 の公式サイトでも
インフルエンサーの一人として情報を発信。

企業広報の仕事では、放送局での経験を生かし、
企画に採用されやすい“読む立場にたった”
プレスリリースの発行に取り組むなど、
活動は実に多彩です。

多方面で活躍する岸田さんですが、
かつては自分の可能性を
制限していた時期もあるのだそう。

「局に所属していると
いずれ裏方にまわることになるのが一般的です。
アナウンサーの寿命は短く、
定年は早くて30歳だといわれているほど。
アナウンサーがしたくてこの仕事を始めたので、
新卒入社当時から危機意識がありました。
でもそのときはまだアナウンサーしか
できないと思っていて。」

そんな岸田さんにとって転機となったのが
ある経済番組の仕事でした。

「東証Arrowsから中継で株価の値動きなどを
伝える番組を担当したことで、
株や経済に興味を持つようになっていったんです。
経済のイベントに積極的に参加したり、
いろんな方とお会いしたりするうちに、
コラム執筆のご依頼をいただくことに。」

いろんな働き方に柔軟な姿勢で、
ご自身の興味・関心の向くほうへ
素直に舵取りされていたことが、
パラレルワークの可能性への
“気づき”につながったと話されます。

「結婚や出産を契機に
キャリアを積めなくなるなど、
仕事や将来への不安を
抱えている女性は多いはず。
情報技術が進んで、いろんな働き方が
可能になってきていることを
もっと多くの方に
知ってもらいたいと思っています。」

女性の働き方はもっと自由で
自分らしくあっていいという考えから、
スキルを活かした女性のパラレルキャリアを
サポートする「ヴィジョナリープラス」 の活動にも
現在従事されています。

となると気になるのが、忙しい時間を
どうやって管理されているのかということ。

「スケジュールの中心にあるのは
定時に始まるアナウンサーの仕事。
そのうえで、空いたところに時間の融通が効く
仕事を入れていくという感じですね。
あとは仕事が楽しいぶん、
心がけて休みを取るようにしています。」

一流と二流では休み方で
差が出るといわれます。
好きなことを仕事にする人ほど、
休みを作る技術に長けているということですね。

『下流老人』『貧困世代』などの著書で知られる
藤田孝典氏にインタビューしたのがきっかけで
疲弊する社会の将来についても
憂慮するようになったという岸田さん。
影響を受けた本として
『老後破産』(NHKスペシャル取材班 著)を
ご紹介くださいました。

また、「ありのままの自分をそのまま仕事にする」
というはあちゅうさんの考え方にも
強く共感するという岸田さん。
トークライブでご一緒された際に
読まれたという新著
『婚活っていうこの無理ゲーよ』(はあちゅう 著)
もおすすめとのことです。

「好きなことが仕事になり、
それが多くの人の助けになるとしたら、
それはとても幸せなこと。」

晴れやかな表情でそう話す岸田さんの
“生き抜くため”の経済や投資・社会保障制度への
関心が、今後どんな形で花開くのか、楽しみです。

そんな岸田さんが常々意識されているのが、
誰に対しても好印象な装い。

「人に見られる仕事が中心なので、
気品やつつましさだけでなく、
自分も生地も疲れにくい(くたびれにくい)
ことを求めたくなります。
Kilkaの服は、楽ちんなのにきちんと感が
ありますね。洗濯してそのまま着られる
というのも助かります。」
と岸田さん。

ワンピースを凛と着こなした姿はとても
上品なたたずまいで、Kilkaの服の魅力を
最大限に引き出してくださいました。

岸田彩加さん プロフィール

1985年生まれ、北海道出身。
大学卒業後、NHK室蘭放送局・
キャスター、
北海道テレビ放送・アナウンサーを務めた後、
201
5年より活動の場を東京に移し、
TBSニュースバード・キャスタ
ーなどを担当。
現在は、アナウンサーを本業としながら

大手企業の広報担当、執筆活動などを副業としている。

■今回ご着用のアイテム
Kilka/洗えてシワになりにくいウエストベルトワンピース

Kilka パラレルワークウーマンアワードはこちらから

ライター/鈴木一禾

特集 / キャンペーン