バイヤーからのお便り

“副業・兼業する女性を応援する” Kilkaパラレルワーク・ウーマンアワード2018 を行いました

2018年10月24日更新

弊社エンファクトリー主催の
副業女性を応援する、
Kilka(キルカ)パラレルワーク・
ウーマンアワード2018」授賞式を、
20181031日(水)に開催しました。

記念すべき第一回では、
様々な領域でマルチに活躍する
4名の女性が受賞者に選ばれました。

授賞式当日は4名を代表し、
福岡を拠点にスタートアップ企業支援などを行う
株式会社ベイシズ 執行役員の
流郷 綾乃さんが登場。

複数企業の役員をこなしながら、
二児の母として、またロボホンの
エバンジェリスト(非公認)としても
多忙な日々を過ごす流郷さんは、
今回の受賞について、

「業務内容に幅のある
色んな事をしているのですが
一つだけ軸があります。
現在小学校1年生と
5歳の子を抱えていますが、
彼らが80歳くらいになった時に、
この事業は面白いと思えるかどうか?
という軸です。

私は関西人なので、
“面白い”には深い意味がある
と思っています。」

と独自の仕事観についてコメントしました。

流郷 綾乃さんプロフィール

1990年生まれ。
中小、ベンチャー企業の広報として活躍後、
フリーランスの広報として独立。
スタートアップや大企業に対し、
ブランディングからマーケティングまで
一貫した広報戦略コンサルティングを提供。
その後、PR、営業、マネジメントなどの
共通課題が「関係性創造」であることに気付き、
自らを「リレーションズクリエイター」と再定義。
同活動に注力し、パラレルワーキングを実践中。

流郷綾乃さんインタビューはこちら

■その他の受賞者
1)柴田 菜々子 株式会社ビースタイル
広報担当/ダンスチーム「TABATHA(タバサ)」主宰
インタビューはこちら

2)明石 悠佳  サイボウズ株式会社
コーポレートブランディング部 コンテンツエディター
インタビューはこちら

3)岸田 彩加    埼玉テレビ アナウンサー
/大手企業広報担当
インタビューはこちら

「Kilkaパラレルワーク・ウーマンアワード」とは?

2011年の創業以来「専業禁止」
という人材理念を掲げ、
パラレルワークを推奨しているエンファクトリー。

本年6月に“はたらく人に快適で自由な時間を”
というコンセプトのアパレルブランド
Kilka(キルカ)」も手掛け、
働く女性を応援しております。

このような背景から、
副業・兼業を実践する女性を
ロールモデルとして紹介し、
さまざまな働き方を支援すべく、
Kilkaパラレルワーク・
ウーマンアワード」を企画しました。

■「Kilkaパラレルワーク・ウーマンアワード2018」の特設サイト
https://stylestore.jp/kilka/award/

働く女性向けブランド「Kilka(キルカ)」について

家で洗えてシワになりにくい素材を使った、
働く女性に快適性と自由な時間を与える
アパレルブランドブランド「Kilka」。

からだのラインを拾わない
すっきりと見えるシルエットで動きやすく、
また、長時間デスクワークで座っても
シワになりにくいのが特徴です。

2シーズン目となる秋冬では、
毛玉になりにくいウールのコートや、
洗濯機洗いにも対応した
ストレッチ裏起毛コートなど、

デザイン性・機能性がともに
優れた商品を多数ラインナップしています

Kilkaのページはこちら

このコラムを書いた人

skousaka

skousaka

skousaka

特集 / キャンペーン