バイヤーからのお便り

ガンガン洗えてすぐ乾く、真夏のスタメン服

2019年08月06日更新

連日の猛暑日、皆さま夏バテせず過ごせていますでしょうか?

全国のつくり手とお取引をしている当店、各地の天気予報に目を走らせますが、札幌や名古屋、美濃など連日驚く暑さです。

自分自身も通勤や外出のたび、むぉーっとした暑さに、身体中べったりと汗をかいてぐったり。冷房の効いた室内とのギャップで、想像以上にカラダは疲れていますよね。

そんな、元気を吸い取られがちな猛暑日をどう凌ぐか?私は数年前から、着るもので元気の度合いが結構変わることに気づきました。

今日は私の実体験を交えて、猛暑に着るべきスタメン服について、ご紹介したいと思います。

猛暑日はとにかく省エネモードで過ごすべし

服装云々の前に大事なこと

最高気温が35度以上の日=猛暑日は、そもそも普通に生きているだけで疲れる日です。

紫外線も身体を疲れさせる要因の一つなんだとか

それは、身体が体温調整をしようと、+αの活動をするから(血管を広げてより血流を促したり、汗をかいて身体の熱を逃がそうとする)。

外気が体温に近いほど高い日は、生きているだけで精いっぱいといっても過言ではないんですよね。

猛暑日は普段以上に眠りの質が大事(リネンウォッシャブル敷パッド

なので、それだけ身体が酷使されていることを認識して、暴飲暴食を控える、質のいい睡眠をとるなど、身体を労わることを心がけたいものです。

真夏のスタメン服の条件

次に真夏の「衣」について。私が最近辿りついた、猛暑日を快適に過ごす服の必須条件は

1、洗濯機でネットなしでも洗える
2、汗拭きシートでふきふきしやすい
3、通気性がいい

気温が35度を超えてきたら、大事なのはこの3つだなと。

裾から袖から、汗拭きシートが使いやすいって意外と大事じゃないですか?

逆に、綿100%だろうが、速乾冷感生地だろうが、この3つが満たされていないと、結局ストレスが溜まって、着る頻度が減ってしまいます。

やっぱりギンガムシリーズは最強

そうなったときに、やっぱりstandのギンガムシリーズは、猛暑日に最強だなと改めて思ったのです。

在庫わずかですが、コットンラミーも優秀です。

ただこれには一部「透けるのが気になる」との声を頂いていて、確かに人によっては抵抗感のある透け具合かと思います。

となるとますます、チェック柄のお陰で透け感が気にならないギンガムシリーズは最強だなと思うわけです。

この生地には1%だけポリウレタンが入っており、その伸縮性を利用して表面の凹凸感を出しています。

このポコポコ感が、一枚でも透けにくい、肌に「点」で接してベタつかない、シワを作らないといったメリットに繋がっているんですね。

左がブラック、右がネイビー

もちろん手洗い、ネット使用の方が長持ちすると思いますが、躊躇なく洗濯機に放り込んで洗える服が、真夏にはありがたいというもの。

ノースリーブ派におすすめのトップス。脇の下のあき具合を調整し、下着が目立ちにくくなっています

ギンガムシリーズは、洗濯機で洗えて汚れが落ちやすく、夜間の部屋干しでも乾く速乾性が自慢(パンツだけは生地分量が多いので、晴れた夜なら外干しが安心です)。

洗濯機でガンガン洗っても、劣化が目立ちにくく、型崩れしにくいデザインであることもいいところです。

ノースリーブトップとギャザーパンツをセットアップで着用

というわけで、猛暑日が続く今の時期におすすめのギンガムシリーズ。ギンガムデビューのお客さまなら、まずはフレア袖かノースリーブトップスがおすすめです。

女らしく履けるギャザーパンツや、夏のお嬢さん風のワンピースも、実際に着て頂くと、この生地だからこその快適さを実感頂けることと思います。

こちらはワンピース。身長167cmで膝が完全に隠れる丈、155cmの方でミモレ丈(弁慶の泣き所が隠れるぐらい)

お客さまのリクエストでアイテムが増えていったギンガムシリーズですが、皆さんから新たなリクエストがあったら、次の企画として活かしていきたいと思っています。「こんな服がほしい」などありましたら、ぜひshop@enfactory.co.jpまでご連絡くださいね。

このコラムを書いた人

柳沼 周子

スタイルストア バイヤー

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

特集 / キャンペーン