全商品ポイント10倍キャンペーン

バイヤーからのお便り

心を和ませてくれる熊五郎、ギフトセットが加わりました

2019年08月21日更新

陶芸家・多田 誠三さんのブランド楽土(Raku-do)」による、シロクマの熊五郎と名付けられたお猪口やお箸置き。2010年に登場以来、つかい手のみなさまからも「愛らしくて、ご飯の時間が楽しくなります」という声をたくさんいただいているシリーズです。

食卓に並んでいるだけで心が和んでしまう表情をしているからか、贈り物に選んでいただくことも多い熊五郎。

今回、これまでにいただいていた「ギフトセットがもう少しあったら」というリクエストにお応えして、お猪口1号・2号のセットや、新しいお箸置きの組み合わせができたのでご紹介いたします。

熊五郎と見つめあいながら、おいしいお酒を

お猪口2個セットは大切な方への贈り物に

左は2号、右は1号

お酒を注ぐとまるでお風呂につかっているようなお猪口。「ふーっ」という声が聞こえてきそうです。

お猪口を手にするたびにこんな風にばっちりと目が合い、無言で語りかけてきているよう。

今回登場した2個セットには、BOXに華やかなモチーフの紐がかかっているので、大切な方への贈り物におすすめです。

お酒だけではなくて、おつまみ入れにも

お酒用としてだけではなく、ちょっとおつまみや小さなお菓子を盛りたい時にも重宝します。お魚に囲まれている熊五郎も何とも愛らしいですよ。

お箸置きは、ちょっとした贈り物や日常使いに

「お箸置きを使うようになった」という声も

今回お箸置きは、新しく「熊五郎と熊吉のセット」と、以前と内容が変わった「5個セット」が登場しました。

こちらは新しい5個セット

「使ってみてよかったので、贈り物にも選びました」という声をたくさんいただいているお箸置きのシリーズ。年齢・性別問わず喜んでいただいているようで、ちょっとした贈り物におすすめです。

ここでつかい手のみなさまからの声をいくつかご紹介します。

「存在感はあるのに、他の食器との相性が良いです。白地でさりげない形だからでしょうか。」

「熊五郎が使い手に目線を合わせていない何気ない感じと、筋トレでもしているような独特の姿勢に愛嬌を感じてこちらを選びました。可愛くて和みますし、シンプルで変に目立たないので使いやすいです。これまでは滅多に箸置きを使わない生活をしていたのですが、このアイテムの可愛さがそのスタイルを変えてしまい、驚いています。」

意外と食器のテイストを選ばず、何気ない顔で違和感なくなじんでくれるところも、熊五郎が支持されている理由のひとつかもしれません。

仕様変更でますます愛らしく

お箸置きは、これまでつるつるとした質感でしたが、今回から少しマットな質感になりました。また、熊吉は口が描き入れられ、より子熊らしい愛らしい表情になっています。

食卓で過ごす時間を、やさしい気持ちで満たしてくれる熊五郎たち。大切な方へ、そんな時間をお裾分けしたいなと思わせてくれるアイテムです。

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン