全商品ポイント10倍キャンペーン

バイヤーからのお便り

あたたまった空気を逃がさない、mina×KLIPPANのウールブランケット

2019年11月08日更新

mina perhonen×KLIPPANのウールブランケットシリーズに、KLIPPAN創業140周年記念限定で生まれた新柄が届きました。minaのブランケットはどの絵柄も物語の1シーンのようで、掛けてあるだけで寝室やリビングがぐっと素敵に見えます。

このブランケットのもうひとつの魅力は、ラムウールならでは保温力。お布団の一番上に掛ける、ソファーの上でくるまる、ただそれだけで、あたたまった空気を逃がさずぽかぽかで過ごせます。

1枚の絵として、飾りたくなる絵柄

mina perhonenの皆川明さんならではの世界観で描かれた原画を、絶妙な色合いと織り方でブランケットにしているKLIPPAN。1879年に創業以来、紡績から織りまで一貫して自社生産を行ってきたからこその高い技術で、原画が繊細に表現されています。

ソファーやベッドに掛けると、1枚の絵を飾っているようにも見えます。

新柄のひとつは「HORSES GO TO THE MOON」と名付けられたこちらの柄。満月を見上げる馬たちや木々がブランケットいっぱいに描かれています。

もうひとつの柄は「HORSES ON THE HILL」。原画は線画なのですが、細かいところまで美しく表現されています。

あたたまった空気が逃げにくい

こちらのブランケットの素材は、ラムウール100%。生後6-7か月の仔羊から初めて刈り取っているので、大人の羊よりも繊維が細くて柔らかく、その分空気をたっぷり含んであたたかさを保ってくれます。

ちなみに、このあたたかさを一番実感したのは、羽毛布団の上から掛けた時と、ソファーの上でくるまった時でした。

お布団の上から掛けると、体温と羽毛布団によってあたたまった空気が外に逃げにくいので、保温力が高まり、窓に近くて寒い我が家の寝室でもあたたかく過ごせています。

また、約1.36kgと見た目の割にシルクや綿の毛布と変わらない重量で、重くないのもポイントです。

また、これまで大小さまざまなウールブランケットを愛用してきましたが、お家で使うなら断然シングルサイズが汎用性が高いと思います。ベッドに掛けるのに良いサイズで、大人の方もすっぽり覆われるくらいの大きさなので、ソファーでゴロゴロする時もよし。隙間から冷気が入りにくい、安心感のあるサイズです。

これからの季節、お家であたたかく快適に過ごすのにきっと役立つ一品です。

ウールブランケットのシングルサイズはこちら

こちらは新柄のコットンブランケットです

他にもKLIPPANのあったかウールアイテムが揃っていますので、ぜひご覧ください。

KLIIPANの商品一覧はこちらから>>

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン