全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

巻いて実感!カシミヤストールはここが違う

2019年11月27日更新

年齢を重ねるごとに身に付けるものの肌触りが気になるようになっていた私が、この冬、買ったのがカシミヤのストールです。撮影の際に、すでにその心地良さは十分にわかっていたのですが、実際に巻いてみて初めて実感するポイントがいくつかありました。

天然素材と化学繊維の大きな違い

人生初のカシミヤ、もーーーー最高で手放せません。通勤でも、家でも、寝る時も片時も離れられないのが正直なところ。なぜかといいますと、手触りが柔らかくほわほわしているんです。本当は、もう一枚ほしいところ。色違いで検討中です。」

というつかい手の声にあるように、カシミヤが柔らかく上質な質感だというのは、なんとなく想像していました。でも、このストールが、これまで私が使っていたものと大きく違うと感じたポイントは、「蒸れ」だったんです。

これまではデザイン重視で買った化繊のストールを巻いていた私。それでも十分に暖かいし、ストールの役割をきっちりと果たしていると思っていたんです。なので、首回りが汗で蒸れる事も、たいして気にしていなかったんですが、カシミヤのストールは暖かうえに、この「蒸れ」が無いので驚きました。「天然素材の毛は、表面がウロコ状になっていて、湿度の調整をしてくれる」。というのは知識として持っていましたが、巻いた時に本当に蒸れずにさらっとしているんです。

天然素材と化学繊維の巻物は、もしかすると暖かさはほぼ同じかもしれません。でも、巻いた時の心地良さ、不快感の無さが全く違うんだとわかったんです。

程よい厚みとサイズ感

先日、こんなつかい手の声が届きました。

「しっとりしたカシミアの手触りが気持ちよいです。長さがあり幅もあるのでショールのようなはおりかたもできます。でも生地は厚くないので、カーディガン代わりに羽織る程度の使い方をしています。ミラノ巻きしやすく、トレンチコートに合わせるのにちょうどよいです。これからも黒や紺にあわせやすいニュアンスのあるカラーバリエーションが増えると嬉しいです。」

もう、同感です!ボリュームがあるストールは、首回りがモコっとするのでどこかカジュアルな雰囲気に。ミラノ巻きをしたものならば、首に縄を巻いているのか・・・という感じになるストールって意外と多いのですが、こちらはサイズ感と厚みが絶妙。

きれいめで上品な雰囲気があるので、商談や展示会で外出する日は、このストール以外の出番はありません。

私は出勤しても、ストールだけはハンガーにかけずに手元に置いておきます。例えばミーティングルームなど、通常時に使われていない部屋はエアコンが入っていない事も多いので、会議の始まりはいつも寒い!部屋が温まるまでの時間は、カーディガンのように肩から羽織っています。

暖房が効いているオフィスも、足元だけは冷えているので、ひざ掛けとしても活躍。巻いたり畳んだりを繰り返すのですが、程よくふっくらとしているので、シワも気にならないんです。

首回りを暖かくするだけではなく、羽織ったりひざにかけたりとシーンに合わせて使い方をアレンジできるのが、ストールの良さです。それに加えて、心地よさまで実感できるのが、カシミヤストールのいいところ。当たり前のように巻いていたストールをカシミヤストールに変えたことで、蒸れという不快感から解放されるという経験をした私。ここから訪れる冬本番に向けて、同じような経験をする方が増えるといいなと思います。

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン