全商品ポイント10倍キャンペーン

バイヤーからのお便り

探しても見つからないウール100%のインナーあります

2019年12月22日更新

先日、バイヤー同士の会話の中で、「ウール100%のインナーって意外と無いね」という話になりました。商品名に「ウール」とか「オーガニックコットン」と謳われているインナーでも、素材を見ると化繊やポリウレタンが入っていることがほとんどです。ウールをはじめとする天然繊維の価格が高騰している今、インナーを手頃な価格で作るには、化繊が一定量使われるのはやむをえないのかもしれません。

「ウール100%」という天然繊維のインナーが、いかに貴重で贅沢なものかを実感すると同時に、DAYS(デイズ)の定番品「ウールフライスカットソー」を改めておすすめしたい、という気持ちにさせられたんです。

ウール100%のオリジナル生地

改めてこのカットソーの凄さをお伝えすると、ポイントは、

その1、純粋にウール100%!贅沢なオリジナル生地
その2、脇に縫い目がない「丸胴仕様」

の2つです。

冒頭でもお伝えした通り、化繊やポリウレタンが入っていない、ウール100%のインナーは、なかなか見つけられないレアアイテム。薄手でもしっかり暖かいところや、着心地の良さを知っているDAYSは、わざわざオリジナルでこの生地を作っているんです。

デザイナーに聞いたところ、「糸屋で通常よりも細いウール100%の糸を見て、一目惚れ。横伸びするフライス生地ならば、絶対にいいインナーを作ることができると思った」といいます。しかも、インナーとしての着心地を重視し、丸胴仕様にしたのだそう。丸胴とは、身頃部分が筒状の1枚の生地から出来ていて、脇に縫い目のない仕上げのこと。重ね着しても縫い目がゴロつかず、フィット感のあるインナーにぴったりの仕様です。

着用色 ウールフライスのグレー杢(ロングカーディガン DRESSHERSELF、パンツ ステラシフォン 近日発売、靴 SHOESbakery

当店で、このフライスカットソーを最初に販売したのは2017年の冬なので、今年の冬で3年目をむかえました。デザイナーに改めて話を聞いたのち、つかい手の声を見たところ、

一枚目を購入し、使いやすさと着やすさと扱いやすさに感動して二枚目の購入です。締め付け感がなく、とても暖かいです。真冬は流石に一枚では厳しいと思いますが、上に何かを羽織るとしてももたつかず非常に重宝しています。」30代女性

とても着心地がよかったです。似たようなものは持っていますが、ついこちらを着てしまいます。」40代女性

といいお声をいただいています。
実際にデザイナー自身もこのフライスカットソーを愛用していて、「洗濯を重ねても縮まないし、本当に便利!」と熱弁をふるっていました。

ウール100%のインナーは、Uネックとタートルネックの2型あります。Uネックは当店用につくってもらった限定モデルです。

あきが深めのUネックは、カーディガンやVネックニットのインナーとしても最適。首が詰まる感じが苦手という方も結構いらっしゃると思いますが、そういう方はぜひUネックをお試しください。

ウールのチクチクが苦手な方に綿100%のインナー

当店のモデルをしてくれている女性は、実は超敏感肌。ウール素材特有のチクチクは、すぐに肌が真っ赤になったりと、大変なんだそうです。
気になったので、このウールフライスカットソーの着心地を聞いてみたところ、「全く気にならない。99%大丈夫!」との事。残りの1%の理由は、「自分よりも敏感肌の方はウールが気になる可能性があるから」との事。

当店のモデル以外にも、敏感肌でウールが着られない方もいると思います。でも、ご安心ください。そういう方の為に作られたのが、この綿100%のインナーです。

ウール100%のインナー(左下)と並べるとわかりやすいのですが、コットンは透け感のない中肉厚の生地。綿でも冬場に暖かく着て頂けるよう、ふっくらとした風合いが出るエアーフローという加工が施されています。

綿100%の「エアーフロージャージー」はタートルネックのみのつくり(こちらは丸胴仕様ではありません カーディガン TANG.

カラーはホワイト、グレー、ネイビーの他に、パッと目を惹くレッドもあります。

インナーは、デザインがシンプルなだけに、ブランドごとのこだわりや違いが見えづらいのも事実。このインナー達の凄さを、私はきちんと伝えきれていなかったのでは・・・と反省しました。

こちらのシリーズは、ウール・コットンとも今シーズンは在庫限りで販売終了となります。天然素材100%の贅沢インナーの快適さをぜひ味わってみてください。

※ウールフライスのみタートルとUネックの2デザインで、エアフロ―はタートルのみです。丸胴仕様はウールフライスのみとなっております。

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン