バイヤーからのお便り

探しても見つからないレアアイテム!ウール100%のインナーあります

2022年02月05日更新

先日、バイヤー同士の会話の中で、「寒い日が続いているから暖かいインナーを探しているけど、ウール100%のものって意外と無いね」という話になりました。商品名に「ウール」とか「オーガニックコットン」と謳われているインナーでも、素材を見ると化繊やポリウレタンが入っていることがほとんど。ウールをはじめとする天然繊維の価格が高騰している今、インナーを手頃な価格で作るには、化繊が一定量使われるのはやむをえないのかもしれません。

「ウール100%」という天然繊維のインナーが、いかに貴重で贅沢なものかを実感すると同時に、DAYS(デイズ)の定番品「ウールフライスカットソー」を改めておすすめしたい、という気持ちにさせられたんです。

ウール100%のオリジナル生地

改めてこのカットソーの凄さをお伝えすると、ポイントは、

その1、純粋にウール100%!贅沢なオリジナル生地
その2、脇に縫い目がない「丸胴仕様」

の2つです。

冒頭でもお伝えした通り、化繊やポリウレタンが入っていない、ウール100%のインナーは、なかなか見つけられないレアアイテム。「ウールは暖かい」というイメージをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思いますが、実はウールには、まだまだ優れた機能があるんです。

それは、調温調湿機能があるという所。某大手メーカーが冬に販売するあったかインナーには、汗や肌の水分を吸収して発熱するという機能があります。でも、汗以外の肌の水分も吸収してしまうので、乾燥してしまい痒くなってしまう方も多いと思います。一方、天然のウール素材は、一定の水分を保ったうえで、余分な水分のみを外に放出するので、肌は快適な状態をキープしてくれる超優秀な素材なんです。

その他にも、毛の表面が薄い膜で覆われているので汚れがつきにくい、熱伝導率が低いので冬は暖かく夏は涼しい、といった特徴もあります。登山をする人がウール素材のインナーや靴下を愛用するのも、こういった素材の持つ特性によるものなんです。

コットン素材のカットソーと同様の薄さでもしっかり暖かいところや、着心地の良さだけではなく、ウールの機能性の高さを知っているDAYSは、わざわざオリジナルでこの生地を作っているんです。

デザイナーに聞いたところ、「糸屋で通常よりも細いウール100%の糸を見て、一目惚れ。横伸びするフライス生地ならば、絶対にいいインナーを作ることができると思った」といいます。しかも、インナーとしての着心地を重視し、丸胴仕様にしたのだそう。丸胴とは、身頃部分が筒状の1枚の生地から出来ていて、脇に縫い目のない仕上げのこと。重ね着しても縫い目がゴロつかず、フィット感のあるインナーにぴったりの仕様です。

当店で、このフライスカットソーを最初に販売したのは2017年の冬なので、この冬で5年目となります。デザイナーに改めて話を聞いたのち、つかい手の声を見たところ、

「肌触りが柔らかく、チクチクせず大変着やすいです。洗濯後の乾きも早くて重宝しております。首回りが暖かく手放せないので、これに何を合わせるかを考えてコーディネートする様になりました。」50代女性

「以前購入してよかったので、再び購入しました。これウールだったのですね。薄いしよく伸びるし、ぴちぴちでもないし、洗濯しても風合いはほとんど変わらないし、とても使いやすいです。」50代女性

といいお声をいただいています。
実際にデザイナー自身もこのフライスカットソーを愛用していて、「洗濯を重ねても縮まないし、本当に便利!」と熱弁をふるっていました。

ウール100%のインナーは、Uネックとタートルネックの2型あります。Uネックは当店用につくってもらった限定モデルです。

インナーというアイテムは、デザインがシンプルなだけに、ブランドごとのこだわりや違いが見えづらいのも事実。このインナーの凄さを、私はきちんと伝えきれていなかったのでは・・・と反省し改めてこのコラムを書いた次第です。

化繊をいっさい含まないウール100%の贅沢なインナーは、なかなか見つからないレアアイテム。見た目ではわからないこの高機能インナーが、一年を通して着る人を快適にすると思います。

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン