テーマ別おすすめアイテム

第三回 着物の畳み方を覚える

2016年11月03日更新

03_banner

前回、おばあちゃんに借りた
着物一式を開けて、必要最低限の
道具を確認したハタダ。

広げた着付け道具たちをせっせと片付け、
最後に着物を・・・と思った時に
大変なことに気づきました。

kimono_03_gakkuri

着物の畳み方がわからない・・・!!!

本当に何にも知らないと
片付けすら満足にできないなんて・・・
そんな絶望感に打ちひしがれながらも
「着物 畳み方」で検索。

どうやら 「本畳み」という
畳み方が基本らしいです。

kimono_03_hondatami1

kimono_03_hondatami2

ひとつづつ図を確認しながら畳むと
全く難しくもなくて、むしろ
洋服よりもスッキリと長方形に畳める感じが
なんだか気持ちいい!
角をきちんと合わせていくと
自然と綺麗な形に畳めるんですね。

改めて、着物は直線裁ちだけで
作られているんだなあ、と
その無駄のなさに感動しました。

そして、更に盲点だったのが、
着物を畳むだけでも意外と場所をとること。

kimono_03_tatameru

着物を広げて置くとなると、自分が
手を広げて横になった時の幅が必要。
狭いお部屋だと、結構ぎりぎりだったりします。

埃やゴミが落ちていたら
全部着物についてしまうので、
床もきちんときれいにしておかなくては・・・
お掃除、さぼれないな・・・と
ちょっと気を引き締めたのでした。

場所をとらずに畳む方法もあるようですが、
また追々覚えていこうと思います。

次回、無茶とはわかりつつも、とりあえず
自力で着物を着てみようと思います。
楽しみ半分、怖さ半分。
さてどうなるやら。

絵:chihiro kawata

nanao_banner

着物の季刊誌「七緒」のウェブショップ、
こまものや七緒」の運営もしています。
まだ着物も着られないのに、
sasakihitomiさんの帯留めブローチ
欲しくてたまりません。

このコラムを書いた人

畠田 有香

スタイルストア バイヤー

畠田 有香

ショッピングユニットでバイヤーをしています。その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

特集 / キャンペーン