全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

いつものおかずが料亭料理に早変わり

2018年12月10日更新

こんにちは、バイヤーの中井です。

気が付けば12月もあと3週間。
春みたいな陽気の日もあったせいか
うっかり季節感を忘れてしまいそうに
なりますが、忘年会やクリスマス、
師走でバタバタしているうちに
気が付けばお正月はもうすぐそこですね。

今日は、いつものおかずを料亭料理に
早変わりさせてくれる、頼もしくて
見た目にも華やかな器が
たくさん入荷しました。

家族や親戚、友人たちと食卓を一緒に
過ごす機会も多いお正月。

忙しくて今は考える余裕がないけれど
お正月の食卓はちゃんとしたいという方や、
人が集う予定があって・・・という方の
お正月準備が、ちょっとでも気軽で
楽しい時間になったら。
そんな思いを込めて選びました。

選ぶのが楽しい、小皿や小鉢

まわりの人たちにお正月の食卓事情を
聞いてみたところ、

「お節は全ての種類は用意しないけれど
コレとコレ、縁起物は数種類だけ食べる」

という意見が複数ありました。
(他には、実家でくまなく食べる、
お正月関係なく好きなものを食べる
という声も)

夫婦二人暮らしだったり、お子さんがまだ
小さかったりで、お重を用意するほどではない。
でも少しだけ特別感が出せたら・・・。

そんな方におすすめしたいのが、
普通の料理をちょこちょこと盛るだけで
食卓が華やかになる小さな器。

料亭や割烹用の器を作ってきた職人たちが
手掛ける色とりどりの器が、
お正月の食卓をしっかりと支えてくれます。

絵になる縁起物モチーフ

はじめにご紹介するのは、縁起物を
モチーフにしためでたい器たちです。

松葉をかたどった銘々皿
横12.4×縦11.7cmと、一人分のおかずを
盛るのに丁度良いサイズ。

取り皿としても使いやすいので、
来客分を揃えておくとそれだけで
食卓の特別感が増します。

同じシリーズの前菜皿
横幅約25cm×縦約9.8cmと細長いので、
テーブルの上で他の器との間に
バランスよくおさまってくれます。

その名前の通り、ちょっとしたおかずを
一口、二口分ずつ3種くらい盛るだけで
華やかさがぐっと高まりますよ。

もうひとつ、3種類盛ることができるのが
線青亀甲 三品盛

お正月だけではなく、お漬物など
ご飯の
お供を3種盛りにしたり、
鍋料理の薬味
を盛り合わせる時にも
重宝します。

いろいろな器を比べてみて、
「形自体が縁起物」
「絵付けの色合いが華やか」
という器を選ぶと、一番楽に特別感が
出るなと実感しています。

小さな鉢は汁物も安心&お重の仕切りとして

淵が立ち上がっている鉢ものは、
水気が気になる料理も安心して
盛ることができるのが嬉しいところ。

コロコロとしていて盛るのが難しい豆や
イクラなども楽に美しく盛り付けできます。

側面に絵付けがあると、見た目にも
華やかですよね。

もうひとつ、小さな鉢は「お重の仕切り」
としても力を発揮してくれます。

お重に仕切りがないと、盛り付ける時に
バランスをとるのって難しいですよね。
そんな時に、鉢ものを中心において、
そのまわりにだし巻きやかまぼこなど
「形が整っている食材」を並べていくと、
見た目がきれいに決まります。
お重に仕切りがない方、ぜひお試しください。

普段も使いやすい形と絵柄

お正月やハレの日だけではなく
普段の食卓でも出番が多い器がいい
という方におすすめなのは、
形がシンプル、色数が絞られている器です。

絵付けの柄や色が「ハレと普段の中間」
という感じなので、お茶碗など
普段づかいの器と並べてもしっくりくる
のも嬉しいところ。
お茶請け用の小皿としても使えます。

1つ1つ単品で見ると
普段使い寄りに見えますが、
お盆にいくつか集合させると
華やかさがぐっと増して見えます。

組み合わせ方で雰囲気ががらりと変わり、
例えば絵柄は縁起物ではなくても
赤を使っている絵が並ぶとお正月の
特別感が出てきます。

こちらは当店先行発売の木甲小鉢。
豆皿以上、取皿未満の使いやすいサイズで、
横長なので、オクラや茄子の煮びたしなども
盛りやすく、汁物にも安心して使えます。

また、柄がたくさんある時は、
組み合わせの中にきれいな単色を
入れてみると、ごちゃごちゃとした
感じが緩和されて、統一感が出てきます。

ちなみに、器がシンプルな分、実は重要だなと
実感したのがお盆
でした。
額装の役割を果たしてくれて雰囲気良く
見えるので、影の主役だなと思います。

盛り付けに悩まない、小さなお重

こちらのお重は、
角型で約幅9cm×高さ4.5cmと小ぶりです。
(2段セットは蓋付きです)

お重と器、両方の良さを兼ね備えて
いるところが何よりの魅力。

使う時は1つ分に料理を1種類入れて
いくつか並べる。
しまう時は、かさねて収納できて、
そのまま保存容器として冷蔵庫に
入れることができます。

盛り付けに悩まなくても、
見栄え良く決まります。

***

今回は、縁起物の器、
普段使いもしやすい器、
盛り付けしやすい小ぶりなお重を
ご紹介しました。

大切な人たちと囲む食卓が
楽しい時間になりますように!

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン