全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

こだわりの茶器と、おいしい紅茶でくつろぎのひとときを

2015年09月18日更新

cupmain

紅茶を淹れるというと、少し面倒・・・と思われてる方もいるかもしれません。基本ルールはありますが、3つの重要ポイントを抑えると、みちがえるほどおいしい紅茶を淹れることができます。ティーバッグタイプの淹れかたも基本ルールは同じなので、ここで淹れかたをマスターしてみませんか?

紅茶の淹れかた基本ルール

ゴールデンルール

ゴールデンルール

紅茶には「軟水」が適しています。日本の水は軟水なので、汲みたてのお水を沸騰しすぐに使えば大丈夫です。ポットは陶磁器か銀製、ガラス製で。鉄分を含むポットは、紅茶の色も香りも変えてしまいます。カップは色と香りが楽しめるよう白く浅いものがオススメです。

wakako ceramics/まほうのティーポット >>

リーフティーのおいしい淹れかた

重要ポイントその1:お湯の温度

重要ポイントその1:お湯の温度

やかんに汲みたての水を入れて5円玉くらいの泡がボコボコ出ている状態まで沸騰させます。まずポットとカップにお湯を入れ、温めておきます。清潔感のあるホーローのケトルは、小ぶりでやさしいアイボリーなので置きっぱなしにしておいても、邪魔になりません。持ち手も熱くなっても持ちやすいシリコン製。機能も十分です。

megumi fujii/ホーローケトル1.8L >>

重要ポイントその2:茶葉の量

温めたポットにティースプーン1杯(2~3g)を1人分として、人数分の茶葉を入れます。細かい茶葉は「中盛」大きい茶葉は「山盛」が目安です。「月の茶さじ」というロマンティックな名前のスプーンです。ぼんやりとした月の光のような仕上げです。茶葉の量を見ながら使うので、指先にしっくりくる柄は必須条件です。

月の茶さじ >>

お湯を注ぎます

お湯を注ぎます

沸騰したお湯を人数分注ぎ、すぐにフタをして蒸らします。沸騰したお湯を勢いよく注ぐのがポイントです。1人分150ml~160mlが目安です。猫の形がかわいいドイツのHERIOS社製の魔法瓶は保温・保冷どちらもOK。傾けるだけでお湯が注げるので、飲みたいときに手軽に使えるうれしいデザインです。

1,000cc魔法瓶 サーモキャット >>

重要ポイントその3:蒸らし

重要ポイントその3:蒸らし

茶葉の蒸らし時間は、細かい茶葉なら2分半~3分、大きい茶葉は3~4分が目安。その間温度が下がらないようにするのが、おいしい紅茶を淹れるポイントです。ティーマットやティーコジーを使うと保温効果がUPします。北欧柄のレトロなポットホルダーはKLIPPANのもの。コットン100%なので気軽に洗えるも魅力。

KLIPPAN/ポットホルダー >>

かわいいだけじゃない魔法のランプポット

かわいいだけじゃない魔法のランプポット

魔法のランプのようなころんとしたティーポットは、何度も試作を経て作られました。紅茶の茶葉のためのベストな形、注ぎ口の水切れのよさなど機能を備えています。自分のために淹れる紅茶にこんなかわいいティーポットがあれば、ますますほっとできそうです。

wakako ceramics/まほうのティーポット >>

ひとまぜでおいしさ引き出す

ポットの中をスプーンでひとまぜ。こちらはステンレス製のティースプーン。鎚目を残した仕上げがしてあるので、落ち着きがありますね。柄の部分もカーブとひねりによって手収まりがよくフィットし、混ぜやすくすくいやすいのが特徴です。

ティースプーン >>

最後の一滴においしさが詰まっています

最後の一滴においしさが詰まっています

茶こしで茶殻を濾しながら、濃さが均一になるように、まわし注ぎます。「ベスト・ドロップ」と言われる最後の一滴まで注ぎ切ります。この「ベスト・ドロップ」まで淹れきった紅茶がおいしいとされています。とっておきのティータイムを楽しむなら、ゆったり最後の一滴まで楽しみたいですね。

紅茶の色が映えるカップ&ソーサー

紅茶の色が映えるカップ&ソーサー

こちらは魔法のランプのようなティーポットと同じwakako ceramicsのしろばらカップ&ソーサーです。白色のカップは、紅茶の色がよく映えます。カップに対して大きな持ち手は、その使いやすさをカップを口に運ぶまでに実感できるはずです。女性のために作られた茶器なので、手にしっくり馴染むと思います。

wakako ceramics/しろばらカップ&ソーサー >>

ティーバッグタイプも淹れかたの基本は同じ

お手軽なティーバッグタイプ

お手軽なティーバッグタイプ

ティーバッグタイプは、ティーカップまたはポットに直接ティーバッグを入れ分量のお湯を注ぎます。お湯の温度や蒸らしなど、リーフタイプと同様にすればおいしい紅茶を淹れることができます。ティーカップやポットにティーバッグを入れたままにせず、浸出時間が来たら取り出してくださいね。雑味、苦みが出てしまいます。

STEVEN SMITH TEAMAKER/NO.47 バンガロー >>

ダージリンの春と夏をブレンド

世界三大紅茶のひとつ、ダージリンです。紅茶の神様と言われるスティーブンスミス氏がブレンド。爽やかな香りの春摘み、ファーストフラッシュと「紅茶の女王」と言われるインド・ダージリンの伝統的な旬、夏摘みのセカンドフラッシュを贅沢にブレンドしたティーバッグタイプの紅茶です。

STEVEN SMITH TEAMAKER/NO.47 バンガロー >>


基本ルールをマスターしたら、茶葉の量を自分好みに調節したり、ミルクティーにしたりアレンンジができます。たまには、茶葉がゆっくりおいしい成分を抽出してくれる時間を待てるゆったりした時間を持ちたいものですね。

特集 / キャンペーン