テーマ別おすすめアイテム

おしゃれな老眼鏡はJUJUBEE(ジュジュビー)で叶える

2017年08月30日更新

「新聞やスマホの文字がかすむ」「ものを遠ざけると見やすくなる」「暗いところでは文字が見えづらい」などの症状が出てきたら、それは初期老眼のサインかも?ついに老眼か・・・と嘆く前に、おしゃれな老眼鏡を見つけてみましょう。スタイリッシュな装いに合わせやすいタイプもありますから、上手に生活に取り入れてクリアな視界を目指しましょう。

老眼を取り巻く環境の変化

早い人では30代から老眼になる

最近は眼を酷使する人が増えているせいか、昔より速く老眼になる人も多いそう。早い人だと30代後半あたりから症状が現れてきます。疲れ目で悩んでいる方は、初期老眼かも?

老眼は水晶体の動きが悪くなり、ものの焦点がぼやけてくる症状を指します。裸眼で過ごしていた人でも老眼鏡をかける時期はいずれやってきますから、いざという時のために素敵なアイテムをリサーチしたいですね。

JUJUBEEで手に入れる老眼鏡

「老眼鏡を身につけるなら、おしゃれでかわいいアイテムを使いたい」。そんな声に答えてくれるのは、原宿発のおしゃれなアイウェアブランド「JUJUBEE(ジュジュビー)」。ファッション発信地に拠点を持つ会社ならではの、独特の色使いやデザインが注目されています。ペンダントのように首からさげるタイプもあって、とてもかわいらしいですよ。では、早速JUJUBEEのアイテムを見ていきましょう。

ビープグラスは初心者さんにぴったり

眼鏡をかけていない人でもすんなり使える

ピープグラスは眼鏡に馴染みのない人でも使いやすいアイテム。首にかけられるように紐もついていますし、なにしろポップでキュート。フレームの色もイエローやブルー、ピンクなどの発色の良いものが揃っています。価格は5,400円とリーズナブル。アクセサリーのように身につけられるのが魅力です。老眼鏡入門にぴったりのフォルムですね。

かざすと文字がくっきり

「これが老眼鏡?」と信じられない方のために実写真をお見せしましょう。

文字がきっちり見えているのがわかりますか?ピープグラスを目に近づけたあと、対象物を動かして視点を合わせていきます。昔のおじいちゃんやおばあちゃんが使っていた虫眼鏡とは大違い。かわいらしくてついつい自慢したくなるアイテムです。

男性でも使えて便利

ピープグラスは首からの吊り下げタイプなので、男性が使っても違和感がありません。夫婦で色違いを揃えても素敵ですね。色は6色(ブラウン・カナリア・ピンク・ターコイズ・イエロー・アンティークブラウン)の中からお選びいただけます。本体重量はたったの17gで、大きさは11.8cm×3.7cmとコンパクト。度数は+2.5ですので、対象物を移動してピントを調節してください。

一般的なメガネタイプの老眼鏡も取り入れたい

日本人に似合うようデザイン

一般的な老眼鏡タイプをお探しの方には、JUJUBEEのリーディンググラスがおすすめです。老眼鏡は必要な時に身につけるものですから、パッと明るい色や柄が入っている方がおしゃれにみえます。普段よく着る洋服のカラーに合うフレームを見つけてみましょう。

同系色で合わせると馴染みやすくなる

グレーやブルー、ネイビーのような寒色が好みの人は、サイドフレームにリーフグリーン色を選んでみてはいかがでしょう?同系色同士、喧嘩もせずしっくりと馴染みます。サイドフレームに明るい色が入ると、顔色もよく見えますよ。

明るいフレームは活動的な雰囲気に

ピンクやレッド、イエローなどの暖色を好んで着る人なら、サイドフレームもガーネット色に。キッチュで快活な雰囲気が出て本当におしゃれに仕上がります。女性が口紅に赤やピンクをつけるように、老眼鏡にも色を添えてみてはいかがですか?

さり気なさならデミホワイト色

デミホワイト色は肌の色と同じのベージュトーン。同化してしまうからか、遠目だと眼鏡をかけているのかわからないような錯覚に陥ります。眼鏡が苦手で目立たせたくない人におすすめです。

サイドのおしゃれを楽しめる老眼鏡デザインも良い

真正面から見た図を1枚。メガネフレーム自体はすべて同じブラウンです。横顔で遊び心が出せる仕組みになっていますよ。価格は4,860円と、こちらもお手頃なので、ピープグラスと合わせて持っておくとTPOで使い分けられて便利です。度数は、+1.0・+1.5・+2.0まで揃えてありますが、+2.5と+3.0は取り寄せ可能です。大きさはツルの長さが14.5cm、横幅が14.3cm、重量は25〜30gとなっています(度数があがるほど重量は増えます)。

冒険するなら丸型眼鏡にも挑戦

個性派さんなら丸メガネにチャレンジ

ハービーブロッサムと名付けれた老眼鏡は、丸型の眼鏡。個性的なデザインですが、ピタッとはまったらそれはそれはおしゃれな雰囲気を醸し出します。目が大きくてくりっとしている方や、唇がぽってりと大きい人などは、びしっと決まるようです。部屋に置いておくだけでもさまになるし、手にとってみたくなりますね。

カラーは5種類から選べる

ハービーブロッサムは老眼鏡には珍しいデザイン。だからこそ人気のアイテムなんですよ。お母様へのプレゼントにも便利。「娘の見立てで買ってもらった」などと喜びの声も届いています。ブルーライトカットの効果もあるため、PCやスマートフォン使用にも便利です。

拘りを感じる見た目が素敵

丸メガネはレトロな雰囲気とアーティスティックな装いが特徴的。シンプルなカットソーも眼鏡のおかげで格好良くなりますよね。このように、眼鏡1つで人の雰囲気はがらっと変わります。丸メガネこそぜひチャレンジしてみてください。度数は+1.0・+1.5・+2.0の3種類をご用意しています。

老眼鏡の度数チェック方法

老眼鏡のセルフチェック方法

老眼鏡には+1.0や+2.5のように、大まかな度数が示されています。個人差もありますが、〜45歳は+1.0、45〜50歳は+1.5、50〜55歳は+2.0、55〜60歳は+2.5、60歳〜は+3.0を目安に選んでみましょう。

眼に合わないと感じたらセルフチェック計算を

老眼鏡の年齢目安度数が合わないと感じたら、セルフチェックをして度数を確認してみます。

顔の前に指を1本立て、徐々に離していきます。ピントがぴたっと合った部分(近点)が見つかったら距離を測ってみましょう。この距離が30cm以上あると老眼になります。度数は100cm÷近点距離(ピントが合った部分)cmで割り出します。たとえば、近点が50cmならば、100÷50=2となりますね。度数は2.0のものがおすすめといった具合です。

パソコン使用時の老眼度数目安

パソコンをする際の老眼度数は、読書老眼度数と数値が異なります。パソコンは顔に近づけてするものではないので、読書老眼度数をマイナス1.0してみてください。近点距離が50cmの方は、100÷50ー1.0=1.0が度数になります。老眼鏡は常に同じ度数というわけではなく、見るものによって度数を変えると快適に使用できます。お手元に2個程度あると便利ですよ。

老眼鏡が必要になったとわかった時は、がっかり感が漂うかもしれません。けれど、おしゃれなアイテムなら使う時に心がウキウキしてくるはず。老いを嘆くのではなく、年を重ねることを楽しみましょう。はじめての老眼鏡はJUJUBEEを使ってみてくださいね。

特集 / キャンペーン