みんなの愛用品

ポケット+コの字ファスナーで最強の斜め掛けバッグ

2021年01月26日更新

バイヤーの柳沼です。財布もバックもミニマムに、とにかく小さく軽く持ちたい性分。ですが、最近そうも言っていられなくなりました。コロナを始めとする諸事情で、荷物が少々増えたからです。それで、軽くてコンパクトだけれども、一定の荷物が入って斜め掛けできるバッグが必要だ、という結論になり、ニュートラルグレイのポシェット「ジェーン」を新調しました。

このバッグ、とても気の利いた仕様で、特にポケットの充実ぶりと、コの字型のファスナーの使いやすさが格別なのです。

ファスナーのちょっとの差が大きな違いに

こういった小さなバッグの場合、ちょっとしたディテールの違いが、使いやすさを大きく左右するように思います。特に開口部。一般的には一文字のファスナーで、縫い目の関係で、開口部はその分狭くなっていることが多いですよね。

その点、ジェーンの場合はコの字型のダブルファスナーなので、がばっと大きく開きます。お陰で、中のものを取り出すときに、手と荷物が出し入れしやすく、ファスナーの歯が当たりにくいんですよね。

携帯充電器+ワイヤレスイヤホンを一番下に。底に入れた細かいものも、コの字型ファスナーのお陰で、手をぐっと入れてアクセスできます

このバッグ、横25cm×縦16cmでマチ4cmとコンパクトサイズですが、素材が柔らかいので、荷物に応じてそれなりに膨らんでくれて、見た目以上に荷物が入ります。だからこそ、口が大きく開いて出し入れしやすい仕様が嬉しい。最近の私のバッグの中身で、荷物と収納先を詳しくご説明しますね。

荷物が増えて実感する、ポケットのありがたさ

お出かけと言っても自粛中の昨今。逆に言うと、どうしても出なければいけないときだけ外出する。となると、最近のお出かけは、食料&日用品の買い出しか通院、運動不足解消のための散歩です。

最近のお出かけの時のバッグの中身

メインに収納するのは、長財布と眼鏡ケース(画像でピンクが見えているところ)とエコバッグ。以前はバッグに合わせて財布を持ち替えていましたが、今は外出が減ったのでsafujiのミニ長財布うすめ一辺倒です。

昔の自分なら外出に眼鏡ケースを持ち歩くなんて!?と思っていましたが、そろそろ目を労わりたいお年頃。紫外線対策も兼ねて、ちゃんとしたサングラスを買ったので、ケースを持ち歩くようになりました。

そして今や欠かせないのがエコバッグ。これも布製だと思いの外かさばるものですが、ビニールを再利用しているといざというときに破れていることも多々あり、やっぱり1枚は常備しておきたい。財布がミニ長財布なこともあり、丸めたA4サイズの布バッグが隙間に入るんですよ~。

ファスナーポケットのサイズは横20×深さ12.5cm

そしてかさばるけれどマストアイテムといえば、除菌ティッシュ。買い出しはともかく、通勤や散歩のときは欠かせません。これを本体に入れようとするとキツキツですが、外ポケットにはすんなり入れられます。

内ポケットは横17×深さ11cm

それからマスクの予備。うっかり落とすことがたまにあって、必ず持ち歩くように。折れたりすることなく、内ポケットにきれいに収納できるのが嬉しいですね。

あおりポケットは横16×深さ12㎝

ハンカチはこちらのあおりポケットに。ジェーンのポケットが嬉しいのは、先ほどの除菌シートを入れたポケットもそうですが、サイズが大きいこと。バッグ内/外ポケットって、名刺入れやポケットティッシュ程度のサイズであることが多いですよね。

8つ折りに畳んだハンカチ(12cm四方)がそのまま入るあおりポケット

ジェーンの場合は、あおりポケット、内ポケット、ファスナーポケットの3つに、それぞれハンカチ、マスク、除菌シートが収納できるので、本体のスペースは、長財布やエコバッグ、モバイルバッテリー等厚みのあるものに充てることができます。ポケットが充実しているお陰で、荷物の整頓ができ、+αの収納力がもたらされているんだなと実感しました。

軽い上に、雨でも安心のPVC素材

不要不急ではないとなると、雨の日でも出かけねばならない外出とも言えますよね。私の場合は通勤&通院です。そんなときも、ジェーンはPVC素材で水に強いので安心して使えます。

それと地味に嬉しいのが、ストラップの長さ調整がスマートなところ。

この写真の丸い金具を押さえてストラップをぐっと引っ張るだけで長さ調整ができます。服装によって変わるベストポジションに、さっと合わせられる点も気に入っています。

ジェーンのように気の利いたディテールの斜め掛けバッグって、意外と探すのが難しいと思います。ミニマムに出かけたいけど、最低限の荷物はストレスなく持ち歩ける、そんなバッグをお探しの方にぜひおすすめしたい一品です。

このコラムを書いた人

柳沼 周子

スタイルストア バイヤー

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

特集 / キャンペーン