全商品ポイント10倍キャンペーン

バイヤーからのお便り

素肌でいるよりも涼しいアームカバー

2016年05月11日更新

こんにちは、バイヤーの畠田です。

紫外線が気になる季節がやってきましたね。
私、普段紫外線対策には
日焼け止めや日傘を使っていますが、
この日は、とあるアームカバーを使って
出かけてみました。

02

近くの植物園へお散歩に。新緑がまぶしい!

素肌でいるよりも涼しい

アームカバーをつけて出かけたのは
強い日差しが照りつける、GW中の5月4日。
この日の東京は最高気温30度(!)という、
夏の訪れを感じる暑さの日でした。

01

しばらくの間、片手はつけて、片手は外して違いを実験

アームカバーのイメージって、どうしても「暑い」。
ただでさえ薄着したいのに
腕に更に何か着けるのは・・・

と思っていたのですが、
驚くことに、このアームカバーは暑くない!!
それどころか、直射日光の当たる場所では
着けた時のほうが涼しく感じるほど。
不思議~~と思いながら
快適に初夏の散歩を楽しんだのでした。

涼しさの秘密は「天然素材」の特性でした

汗をかくほどの暑さなのに
べたべたせず、さらっとしていて
そして、なぜかひんやり涼やか。

04

それはこのアームカバーの
特別な素材のおかげ。

普通の黒い生地に見える
このアームカバーですが、
「くま笹」と「和紙」を組み合わせた
「ささ和紙」という独自の素材なんです。

和紙は吸水性があって、
汗をすばやく吸収してムレにくい。
更に、断熱性もあるため、
日差しの熱さをやわらげてくれます。

これが涼しさに一役買っているんです。

BG105-40-5000-A042_U2

世界中の「くま笹」のおよそ80%が日本で生息するらしい

その他にも、
「素材自体が紫外線を97%カットする」とか
「天然の防菌防臭効果がある」とか
びっくりするほど機能が盛りだくさん。

これが全て、「和紙」と「くま笹」の
自然の恵みから生まれた特性の
いいとこどりをした結果、
というのがすごいですよね。

しっかりカバーしてくれます

02

親指通しがついているので、
ずり上がったりもせず、
手の甲までしっかり覆ってくれます。
二の腕までの長さで、半袖でも安心。

03

ざっくりしながらも弾力性のある編地なので、
腕の細さに合わせてくれ、
付け心地も抜群です。

05

親指を通さなければ、
いかにもアームカバー!という感じは
少し軽減されて、違和感なく
お使いいただけるかと思います。
(親指の穴はごまかしつつ・・・)

SASAWASHI」は、アームカバーの他にも
ささ和紙を使った、靴下ルームシューズ
バスマットなど、夏場をさらっと
快適に過ごせるアイテムが揃っています。
夏場の蒸れに悩む方、必見ですよ。

このコラムを書いた人

畠田 有香

スタイルストア バイヤー

畠田 有香

ショッピングユニットでバイヤーをしています。その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

特集 / キャンペーン