全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

照明にはこんな効果があるんです。照明使い分けが丸わかり!

2015年08月05日更新

waft

光の効果を生かしてみよう

照明には色があるのを知っていますか?それぞれの照明の色には、心や体にもたらす様々な効果があります。どんなお部屋にどんな色の照明を使えばいいのか、主なお部屋別にまとめてみました。照明の色をうまく取り入れて、心も体も快適に過ごせたらいいですよね。

明かりについて

3種類の色があるんです

3種類の色があるんです

蛍光灯はざっくり分けて、3種類の色があります。昼光色=青白い光、昼白色=白い自然な光、電球色=赤みのある光となります。昼光色は、モダンなお部屋や集中したい場所で。昼白色は本来の色に近い色に見せてくれるので、服を選ぶときなどに。電球色は、食事の時やリラックス時にと、シーンに応じて使い分けできます。

スタンドライト branch >>

集中したいときにはこんな照明

「ここ」を照らしてくれる

「ここ」を照らしてくれる

勉強や調べものなど、デスクワークをしたいときには青みのある昼光色が集中力をUPさせてくれます。このデスクライトは、ヘッドを動かすことができるので照らしたいところが照らせます。また影が1つしかできないので、細かい作業にも向いています。工作、手芸にもピッタリですね。

Humanscale/LEDデスクライト element シルバー >>

自分で作れる照明

自分で作れる照明

デスクライトが自作できるキットです。お子さまと、勉強机用に一緒に組み立てるのも楽しそうです。チラつきがなく、明かりも3段階に調節可能なので、勉強用だけでなくベッドサイドにも使える多機能ライト。勉強用、ベッドサイド兼用で使うなら、照明の色は昼白色を選んでみるのもいいですね。

Craf 組み立て式LEDライトキット >>

天井から照らしてくれるお部屋用照明

お子さまのお部屋に

シンプルながらお部屋を広く見せてくれ、リネン素材なので優しい風合いの照明です。睡眠と勉強が同じ場合が多い子ども部屋。全体が集中できる昼光色だと、ずっと心が緊張した状態になるかも。天井からは、温かみのある電球色か自然な昼白色に。天井の照明を昼白色にするなら、ベッドサイドに電球色と使い分けもアリです。

FULL MOON CEILING LIGHT  >>

使用用途が多いリビング

使用用途が多いリビング

個性的な照明は、天井に映る模様が特徴です。桜の木目が、落ち着きある空間にしてくれます。リビングは、昼光色だと家族の顔が自然に見えて良いですね。お客様をお迎えしたり、くつろいだりと多くの役目があるリビング。照明は天井からの照明だけでなく、間接的な照明もあると昼と夜でお部屋の表情が変わります。

P.P. WOOD SHADE ランプ  >>

寝室には落ち着けるトーンの照明

寝室には落ち着けるトーンの照明

風車をモチーフにした照明は、光と影の演出が癒し効果をもたらしてくれます。寝室は、翌日のために重要な睡眠をとる場所。暖色で光がそんなに強くない照明が、心も体もリラックスさせてくれます。

WAPPAランプ KAZAGURUMA >>

日本独特の畳に合う照明

日本独特の畳に合う照明

竹ひごで組まれた照明は、天井に映る影も繊細です。和室は自然の素材をふんだんに取り入れたお部屋です。それらを活かすのが暖色の照明です。木の温もり、畳の素朴さを照らしてくれます。天井照明とは別に、床置きの行灯のような照明をプラスすればくつろぎ感が増します。

Hokore ペンダントライト >>

お部屋の雰囲気を変えるサブ的な照明

リビングのもうひとつの表情を演出

リビングのもうひとつの表情を演出

リビングでくつろぐ時に、間接照明が雰囲気を作り出してくれます。天然木を使用したタッチパネル式の照明。調光が可能なので、その日の気分で明るさを調節できます。壁に掛けても、棚に置いても使えるなど、機能も充実しています。

jiwari – moonlight >>

ダイニングのテーブル上に

ダイニングのテーブル上に

シンプルだけど独特のフォルムで、柔らかな影を作ってくれます。ダイニングはおいしいお料理を食べたり、家族で会話が弾む場所。電球色を使うと、よりおいしいお料理が味わえます。ペンダント型のライトをいくつか並べて使うと、軽快感が出ます。

graf/waft white×white >>

寝室のベッドサイドに

寝室のベッドサイドに

珍しい持ち運びが簡単にできる照明です。就寝前の読書などをする場合、ある程度の明るさは必要になります。本を閉じるだけで消灯するので、眠くなってもスイッチを探す必要がありません。ベッドサイドだけでなく、いろいろお部屋で大活躍してくれそうな照明です。

Lumiosf/ルミオエスエフ ウォールナット >>

LED照明について

LEDの得意分野

LED照明は熱を持たないので、布製品や絵画を照らしても色褪せることがありません。虫が寄ってこないという特徴もあるので、玄関先やお庭のポーチライトに。また省エネにもなるので、常に明かりをつけておく必要のあるところも、LEDにすると電気代が節約できますね。色は実際店頭で確認してから購入すると失敗が少なくてよいでしょう。

LED電球

関節照明としても使える、かわいい電球の形をしたLED照明です。消費電力が少ないので、廊下の常夜灯として使ってもいいですね。吊るタイプの照明として、また専用スタンドを使えば置き型としても使えるので、ベッドサイドにも置くことができます。

LiLi  >>


主な照明色は3色です。この3色を使い分けるのがポイントです。最近増えてきたLED照明のメリットも取り入れると、節約にもつながりますね。LED照明には優しい「サクラ色」もあるので、どんな色か実際に確認してみてくださいね。

特集 / キャンペーン