全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

シンガポール旅手帖-第2回 街歩きで異文化体験

2017年01月25日更新

こんにちは、バイヤーアシスタントの
天野です。シンガポール旅手帖、
第2回をお届けいたします。

第1回につづき、人気のセレクトショップ
オーナーのエドウィンさんにお話しを
聞きながら、街歩きで見つけた
シンガポールの魅力をお伝えしてきます。

それでは、行ってらっしゃいませ!


シンガポールに来たら・・・

エドウィンさんにシンガポールの
おすすめスポットを聞いたら、
こんな答えが。

「定番の観光スポットに行くのも
よいですが、ぜひ地元の人々がいる
マーケットにも行って欲しいですね。
現地の人々との触れ合いから、
この国の文化を体験してほしい。」

ということで、マーケットに来てみました。

SONY DSC

地元の人々で賑わうマーケット

ここは、Tiong Bahru(チョンバル)
という最近おしゃれなカフェなどが
出来はじめた注目のスポットに
ほど近いエリア。

SONY DSC

お花屋さんには、人の身長より高い植物がズラリ

一足マーケット内に入ると、平日の昼間
という時間帯にも関わらず、旧正月の
飾りつけを買い求めに来ている人や
新鮮な食材を買いに来る地元の人で
賑わっていました。

SONY DSC

お肉はその場で捌いてくれるようです

SONY DSC

不思議な食べ物がたくさん・・・

日本ではあまり見かけないような
食材や装飾品も多く、見ている
だけでなんだかワクワクしてきます。

SONY DSC

色鮮やかな南国のフルーツたち

SONY DSC

謎のフルーツも。

マーケットでは、「ザ・観光地」では体験
できない、活き活きとした現地の人たち
の息遣いを感じられたような気がします。

綺麗に整えられた観光地もとても魅力的
ですが、こういった現地の人との触れ合いや
その土地ならではの文化に触れることも、
旅の醍醐味ですよね。

SONY DSC

「もちろん、スーパーママにも寄って
ください。きっと楽しんでもらえるはず
です。」と、エドウィンさん。

3月にはアートイベントにも参画する
そうです。「いろんなシンガポールを見て
楽しんでいただきたい。」と、にこやかに
語ってくれました。

定番の観光スポットも良いですが、
ひと味違うシンガポールも楽しいですよ。

速く、フレキシブルに進化する

マーケットに行く途中、地下鉄に乗りました。

SONY DSC

チケット売り場や改札は、シンプルに
無駄を削ぎ落としたデザインで、
どこかニューヨークにも似た雰囲気。
先進国の良いところは積極的に
どんどん取り入れていくのだそう。

名称未設定 2

ユニークな形状のビルもたくさんありました

町中に建つ高層ビルも、とても斬新な
デザインのものが多く、近未来のような
雰囲気です。

2015年に建国50周年を迎えた
シンガポール。さまざまな文化を
交えながら、とても速いスピードで
発展してきたのですね。

SONY DSC

街の中心部にある「ナショナルデザイン
センター」では、シンガポール50周年
をデザインという観点から解説する
展示イベントが催されていました。

SONY DSC

50年の間に、ファッションや工業製品が
時代に合わせて変化してきたことが
良く分かります。機会があればこちらも
ぜひ覗いていただきたいスポットです。

余談ですが、地下鉄のエスカレーターの
速度がとても速いことに驚きました
(モタモタしていたら転ぶと思う)。
シンガポールは物理的なスピードも
速いんですね・・・!

とても速いスピードで進化していく
シンガポール。何年か後に行ったら
また違う表情になっているのかなと
思うと、なんだか楽しみです。

さて、次回はついに最終回。

6日間の滞在中に、気に入った
スポットやおいしかったグルメを
ご紹介予定です。お楽しみに!


シンガポール旅手帖
-第1回 デザイン界のキーマン

-第2回 街歩きで異文化体験

-第3回 近日公開予定

このコラムを書いた人

天野 愛子

スタイルストア アシスタントバイヤー

天野 愛子

スタイルストアでアシスタントバイヤーをしています。

特集 / キャンペーン