テーマ別おすすめアイテム

『パーフェクトな衣替えを』夏の汚れをきちんと落とす!【洗濯編】

2015年09月27日更新

FA111-00-0000-0143_use2

ちゃんと洗って衣替えをしたはずなのに、1年経って取り出してみたら黄ばんでいた!そんな悲しい経験はありませんか?もう、そんな思いをしないための汚れ落としのコツと、優れた洗剤・洗濯かごなど、ランドリー周りのアイテムをご紹介させていただきます。ご一緒に、パーフェクトな衣替えを目指しましょう。

普段着をしっかり洗う

前処理をしてから丁寧に洗いましょう

前処理をしてから丁寧に洗いましょう

少しのしみや汚れも、衣類を食べる虫にとってはごちそうです。また、汚れや湿気はカビの原因にもなります。汚れがつきやすい場所だけ先に洗う前処理をしてから、洗濯機ですっきりと洗いあげ、しっかり乾かしてから保管していきましょう。

高い洗浄力を誇るランドリーリキッド

高い洗浄力を誇るランドリーリキッド

こちらのランドリーリキッドは、高い洗浄力&分解力を持つおすすめの洗剤です。その洗浄力は、排水パイプの異臭や詰まりも防いでくれるという優秀さ。100%植物由来の成分なので、デリケートな衣類にも使えます。洗いあがった洗濯物は、匂いがつくのを防ぐため、なるべく早く洗濯機から出して干しましょう。

GREEN MOTION/エコランドリーリキッド500ml(ポンプ付) >>

襟・袖などの皮脂の汚れを落とす

襟・袖などの皮脂の汚れを落とす

気になる部分に無蛍光剤の台所洗剤をつけて、ブラシで汚れを落とします。ケチャップやミートソースなどの汚れも、この方法で落とすことができます。こちらのキッチンクリーナーは、食器洗いの他に、換気扇のお掃除や除菌消臭もできる優れモノです。もちろん、100%植物由来なので、安心してお使いいただけます。

GREEN MOTION/エコキッチンクリーナー >>

口紅やファンデーションを落とす

口紅やファンデーションを落とす

口紅もファンデーションも油分で取り除くことができる油性のシミなので、メイク落としにつかうクレンジングオイルが便利です。クレンジングオイルをお使いにならない方は、先にご紹介した台所洗剤でも代用できます。

HOKEN/HONEYX クレンジングオイル >>

デリケートな衣類をやさしく洗う

THE 洗濯洗剤 500ml

シンプルな容器の【THE/ザ】の洗濯洗剤は、シルクやウール、ダウンまで洗う事ができます。使用量は水30ℓにつきティースプーン1杯!すすぎも1回でOKで、柔軟剤いらずというすばらしさです。ドライマークの衣類も、ぜひこちらですっきりとお家洗いをして下さい。

THE 洗濯洗剤 500ml >>

ECOVER/デリケートウォッシュ

ECOVER/デリケートウォッシュ

ウールやシルクなど、デリケートな衣類も洗える、ベルギーの洗剤、エコベールです。天然成分でやさしいハーブの香りは、赤ちゃんの肌着にも安心してお使いになれます。こちらも、ドライマークの衣類のお家洗いにお勧めできる1本です。

ECOVER/デリケートウォッシュ >>

ランドリーシーンを楽しくするアイテム

部分洗いが楽しくなるウォッシュタブ

部分洗いをする時に重宝する、爽やかなデザインの、深さが浅めのタブです。底面が30cmもあるので、付けおき洗いにもぴったりです。このようなウォッシュタブがひとつあると、とても便利だと思います。

Freddy Leck sein Wasch salon/フレディ ウォッシュタブ >>

プロ気分になる洗濯ブラシ

部分洗いの時に、しっかりと汚れをかき出してくれる天然の豚毛を使用した洗濯ブラシです。ちょっとしたシミは歯ブラシで代用できますが、襟やそで口など面積の広い個所は、こちらでザザっと一気にかき出したいですね。

Freddy Leck sein Wasch salon/洗濯ブラシ >>

干すときの注意点とお勧め角ハンガー

長い期間しまっておく衣類ですから、きちんと乾かすことが大事です。パンツ類なども、しっかりと挟む角ハンガーのピンチにウエスト部分をぐるりと立体的に留め、縫い目やポケットの中まで乾かしましょう。湿気を残すとカビや匂いの原因になってしまいます。

Freddy Leck sein Wasch salon/フレディー角ハンガー32P >>

とても便利な愛すべきソフトバケツ

とても便利な愛すべきソフトバケツ

ポリエチレンでできたコンテナ、タブトラッグスです。ソフトな素材なので、洗いあがった洗濯物を干す方法によって二つに分けても、ひとつずつ片手で一気に持ち運ぶことができます。お色や大きさも豊富なので、用途による使い分けができますね。

タブトラッグス Sサイズ バニラ >>


洗濯機は、全体の汚れを均一に落とすものなので、襟やそで口など特に汚れやすい所は、部分洗いで前処理をすませることがポイントです。【保管編】では衣類の保管のコツについてご紹介させていただきたいと思います。

特集 / キャンペーン