全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

天然素材のかごを使った美しい収納アイデア

2017年06月20日更新

かごを使ったおしゃれな収納

ナチュラルな素材で作られたかご

天然素材で作られたかごを使った収納は、ナチュラルな雰囲気がおしゃれに見える人気のアイデア。かごは、素材やデザインによって雰囲気や表情が違います。たとえばラタン(藤)は、太さもあり強靭。ラタンに似たアタやバンブー(竹)、ウィロー(柳)も強さとしなやかさを併せ持つ素材です。やわらかいかごには、シーグラス(イグサ)やラッシュ(ガマ草)なども使われています。

多目的に使えるかご

こちらは「竹 ランドリーボックス」という商品名がついています。けれど、もちろんランドリーバスケット以外の目的でも使える点がかごの魅力の1つ。S・M・Lの3サイズあるベトナム製のランドリーバスケットは、パジャマや寝具の収納に使っている方もいらっしゃいます。

放り込むだけでOKの簡単収納

モロッコのマルシェバッグに

かごを使った収納が人気を集める理由の1つが、放り込むだけでごちゃつきをカバーしてくれる手軽さ。高さのあるものやフタ付きのタイプなら目隠し効果もばっちり。オープンタイプのデザインの場合でも、同じアイテムを1つにまとめることでお部屋はすっきり。こちらはモロッコのマルシェバッグに、スリッパ代わりのバブーシュカを収納しているアイデアです。

小ぶりのかごに身だしなみグッズをひとまとめ

洗面所に小さめのかごを用意し、中に身だしなみグッズをひとまとめにするアイデアも、すっきりした空間を作るテクニック。タオルやブラシをざっと入れるだけの簡単収納でも、このとおり。天然素材を編んだかごの持つぬくもりが伝わってくるようです。

シェルフと組み合わせて

かごを使った収納は、カラーボックスなどのシェルフに組み込んで使うこともできます。同じデザインのかごでまとめると、見た目にも美しい収納を作ることができますね。それでは続いて、参考にしたくなる素敵なかご収納のアイデアを海外のインテリアからご紹介していきましょう。

目指せカフェスタイル!キッチンのかご収納

オープンシェルフでかごが活躍

オープンスタイルのキッチンにかごを使った収納は、まるでカフェのような雰囲気。棚の幅や収納するものに合わせてサイズを変えて空間を有効に使っています。かご収納は、中身が見えなくなるので見た目はすっきり。黒いラベルをつけて何が入っているのかをわかりやすくしているところがポイントです。缶詰の収納には白いワイヤーのラックを利用して。

形がふぞろいの製菓道具をタテに収納

かさばる製菓道具などをかご収納にするのもいいアイデアですね。形がそろっていないものなど、そのままではごちゃついてしまうものをひとまとめにすることで、見た目もすっきりしますし使うときにも取り出しやすくなります。

調味料をひとまとめに

オリーブオイルや塩、コショウなどよく使う調味料をひとまとめにする簡単アイデアも、天然素材のかごを選ぶとナチュラルなカフェスタイルに。出しっぱなしにしていてもおしゃれに見える方法です。

キッチンツールも一緒に収納

こちらはターナーやスパチュラなどキッチンツールをかご収納しているキッチン。砂糖や塩コショウはガラス製の容器に入れなおして雰囲気を統一しています。ローズマリーの小さな鉢も添えて、ナチュラルなカフェ気分を楽しんで。

簡単にすっきりを作るリビングのかご収納

放り込むだけでもすっきりと

リビングに大きめのかごを用意しておくと、便利です。急なお客様がいらしたときなど、とりあえず片付けたいものを放り込むだけでリビングのすっきりを保つことができるから。時間があるときにゆっくりと片付けるようにすると、ストレスも軽減されそうです。

シェルフの下段に箱型のかごを

リビングのシェルフの下段に四角いかごを入れたアイデア。背表紙がごちゃごちゃしてしまう雑誌などは、このようにかごに収納して見せないようにすることで、リビングがすっきりと。かごがいっぱいになったら処分するというように、収納のルールを決めておくとよいでしょう。

使う場所に使うモノを収納

リビングのソファ脇に置かれたかごの中に、ブランケットを収納する方は多いようです。使う場所の近くに収納することは、使いやすい収納の鉄則。こよりのようにねじった天然素材を編んだかごは、ヘリンボーンのような雰囲気でおしゃれですね。

テレビ台にかご収納を組み合わせる

ラスティックな風合いの木製テレビ台に天然素材のかご収納を組み合わせたアイデアも魅力があります。AV機器は黒の面積が大きいのでインテリアの中では浮いて見えがちですが、落ち着きのある木製の台とかご収納が機械の存在感をうまく包んでくれています。

浅いかごで小物を収納

浅いかごをトレーのように使うアイデアも参考になります。リビングのシェルフの棚に置いて、小物の整理や収納に。帰宅した際にポケットの中のものを出しておくようにすると、翌朝の身支度の時短にも役立ちます。

水回りにもかご収納を

洗面台下のスペースをおしゃれに

洗面台の下のスペースにかごを並べた収納アイデアも参考になります。硬めの素材で編まれたシンプルなスクエア型のかごを2つ並べて、タオルやサニタリー用品、掃除道具などを収納するとすっきりした空間に。白を基調とした水回りに、ナチュラルな風合いの天然素材のかごがぬくもりをプラスしてくれますね。

キッチンワゴンにプチサイズのかごを

クールな印象のブラックのキッチンワゴンに、アイテムを収納しているこちらのバスルーム。こまごましたものは、それぞれプチサイズのかごにまとめています。スタイリッシュなスチールとも相性のいい天然素材のかごは、フタ付きを選んで中身を見せない収納に。

バスタオルを収納する

くるくると丸めたバスタオルを大きめサイズの取っ手付きかごにざっくり収納するアイデアも魅力的。目の粗い天然素材のかごに真っ白いタオルを収納して、ナチュラルな雰囲気に。海外のバスルームは日本のお風呂場のように密閉された空間ではないため、床に直接かごを置く方も多くいらっしゃいます。日本の家屋の場合は、脱衣所に置くようにするとよいでしょう。

ランドリースペースの収納に

洗濯関係の洗剤や柔軟剤、洗濯ネットやハンガーのほかに、掃除道具なども収納することが多いランドリー。こまごましたアイテムはフタ付きのかごに。パッケージがうるさい洗剤類は深さのあるかごへ。よくつく洗剤などはガラスのボトルに入れ替えて、かごと同じような天然素材のトレイにまとめて統一感を出しています。

他にもこんな場所で活躍

ベッドルームでもかご収納

ベッドルームに置いた大きなかごの中にスローやクッションを収納して。無造作に放りこむだけでもおしゃれな雰囲気になりますね。持ち手の部分がくりぬかれているデザインなので、持ち運びも簡単です。

フタのないかごが子ども部屋にはおすすめ

こちらは子ども部屋のおもちゃの収納に、さまざまな形のかごを使ったアイデア。子ども部屋にはフタのないデザインのかごがおすすめ。フタのないタイプのかご収納は、小さなお子さんでも自分でおもちゃを片付けやすく、中に何が入っているのかも分かりやすいからです。カラフルなデザインのおもちゃも、天然素材のかごに収納することでお部屋がすっきりとなりますね。

玄関スペースに

外遊び用のおもちゃやリサイクルに出す古新聞などを玄関スペースに収納しているアイデアが、こちら。しっかりした造りのかごを収納アイテムに選んだことで、ごちゃつきを解消しナチュラルですがすがしいスペースに。オープンタイプの靴箱にも使えそうなアイデアです。

世界各地で作られているかご

最も身近な収納アイテムをインテリアに

かごは古くからある私たちの暮らしに最も身近な収納アイテム。世界各地で、地元で採れる天然素材を使ったかごが作られてきました。ここでは、スタイルショップで取り扱っているアイテムを中心に、そのいくつかをご紹介していきましょう。

フィリピンのアラログかご

こちらはフィリピンで作られている「アラログバスケット ショートハンドル」。フィリピンに自生しているラタン(藤)の一種「アラログ」を素材にしたかごです。強くしなやかな「アラログ」は、男性の手によって1つ1つ編まれています。

入れ子式の3点セットも

こちらはアラログの「オーバルボックス SML 3個セット」。入れ子式になる3つのサイズ展開が、うれしいですね。収納するアイテムや置く場所によって使い勝手の良いサイズを選ぶことができます。玄関スペースに置いた椅子に乗せたのはMサイズ。リビングに置いて読みかけの雑誌や新聞を入れたり、タオル入れにしてもよさそうです。

バングラディッシュのホグラかご

ホグラという素材で編まれたこちらのかごは、バングラデシュ製。世界各地でフェアトレードの取り組みを続けている「ピープル・ツリー」による「ホグラ ラウンドバスケット」です。ホグラはいわゆるシーグラス。バングラデシュでは、主に南西部の湿地帯で栽培されている植物です。乾燥させたホグラをロープ上に縒ってかごが編まれています。

バングラデシュのカイザとコットンのかご

こちらも「ピープル・ツリー」によってプロデュースされているバングラデシュのかご、「カイザ&コットン手編みバスケット」。さわやかな香りのするカイザ草をコットンの糸で束ねてかごに仕立てています。縁や取っ手もコットンの糸で丁寧にかがられた手作りのかごは、インテリアにナチュラルなアクセントをプラスしてくれますね。

シンプルでいて美しい北欧のかご

エストニアのパインの樹皮を使ったかご

こちらは北欧エストニアで作られているかご。素材は松の木(パインツリー)の樹皮を薄く裂いたものです。「エストニアのパイン材バスケット」として、スタイルショップでも取り扱いがあります。

フタつきのかごも可愛いデザイン

スタイルストアでは、「エストニアのパイン材蓋付き小物入れ」も見つかります。幅12cm×奥行12cm×高さ6cmという小ぶりサイズが可愛らしいですね。フタつきなので、中身を見せたくないものや小さなお子さんの手に触れさせたくないものなどを収納するといいでしょう。しっかりと編まれたパインの樹皮の美しさも堪能できるデザインです。

伝統的なウィローが使われたラトビアのかご

エストニアの南に接続しているラトビアでも、かごが作られています。こちらの素材は柳(ウィロー)。首都の名前がついた美しい「RIGA BASKET マッシュルーム」は、伝統的な網目模様とさまざまなシルエットが特徴。スタイルショップではSサイズとLサイズが展開中。ほかに、「ピクニックバスケット」もあります。

「COTAN」がプロデュースするアジアのかご

ミャンマーのかご

アジア各地の手仕事を現代のライフスタイルに合わせた暮らしの道具として提案している「COTAN(コタン・枯淡)」。彼らがプロデュースしている「ラタンコンビニエントボックス」は、ミャンマーが原産です。四角に編まれたラタンのかごは、二重になった構造が収納に適したデザイン。サイズもいろいろあるので、収納アイテムによって使い分けができますね。

大きめサイズのかごと合わせても

こちらもミャンマーで作られている「ラタンアレンジボックス」。いろいろなサイズがあるので、組み合わせて収納コーナーを作ることもできますね。リゾートホテルのような雰囲気もあるナチュラルカラーのかご収納が楽しめそう。

ベトナムのかご

こちらはベトナムで作られている「ラタン整理籠」。フタ付きとフタなしの2タイプあり、色は黒とこげ茶の2色。シンプルですが目の細かなしっかりした編み方で作られた整理用のかごは、ごちゃつきがちな小物やパッケージのデザインが気になるお菓子類などをざっくり収納することができます。

日本のかごもいろいろ

昔ながらの脱衣かご

昔懐かしいシンプルなデザインの脱衣かごも、ナチュラルなかご収納に活躍してくれます。こちらの製品は1907年創業の「ツルヤ商店」が1つ1つ熟練した職人さんに手で手作りしている「 脱衣かご スクエア」。精巧に編まれた網目の美しさやしなやかな手触りは格別です。「ハイル」と名付けられたシリーズは、脱衣かごとしてはもちろんバスタオルやリネン類の収納にもおすすめ。

ベッドルームのちょい置き収納にも

こちらは一番大きなサイズの「脱衣かご オーバル」。やわらかな曲線がやさしいデザインです。「ハイル」シリーズはすべて国産のラタン(藤)にこだわった無塗装仕上げ。「ツルヤ商店」では縁に使われたツルが切れたりゆるくなったりした場合、修繕も受けてくださいます。大切に手をかけながら長く使っていきたい逸品です。

口径40センチの脱衣かご

籐一筋の製品づくりを続けている「ツルヤ商店」の「ハイル 脱衣かご ラウンド」は、口径が40cmの小ぶりサイズ。子どものおもちゃや絵本などを収納するのにちょうどいい大きさです。かご自体は軽いのに、耐荷量は約10㎏。持ち運びも楽にできます。

新素材のかご

シンプルでいながらスタイリッシュな雰囲気も感じるこちらのかごは、「PATTA」の「バスケット」。パルプ100%の素材とナイロンを組み合わせた新しい感覚のかごです。サイズはSサイズとLサイズで展開中。ナイロン部分はオレンジとグレーの2色展開です。

使わないときはパタパタと折りたたんで

こちらの「バスケット」の製造元は文具メーカー「コクヨMVP」。ファイルなどに使われるパルプ素材を、ご覧のようにパタパタ折りたためるデザインでかごに仕立てています。使わないときは小さくたたんで収納できるので便利です。

かご収納でおしゃれなインテリアを作ろう

放り込むだけの簡単収納でお部屋がすっきりと見えるかご収納。天然素材を使ったかごは、お部屋のインテリアにナチュラルな雰囲気を演出してくれます。素材によっていろいろな表情があるかごを上手に使って、おしゃれな収納を楽しんでみませんか。

このコラムを書いた人

インテリアをはじめ、雑貨やファッション、アートなど美しいものが大好きです。夫と二人の息子、犬と猫と一緒に暮らしています。

特集 / キャンペーン