全商品ポイント10倍キャンペーン

バイヤーからのお便り

【40%OFF】10年選手のスヌードの引退が決まりました

2017年10月30日更新
_MG_2992

PRODIGAL/FU-WAスヌード ベージュ 定価の40%OFFで6,156円(税込)

-2018年1月18日追記--------
FU-WAスヌードのベージュ
40%OFFとさらにお買い得になりました。
特別価格でお求め頂ける商品一覧は、
こちらからどうぞ。
------------------

日本でニット製品のメッカといえば新潟。
今日ご紹介する巻き物も、新潟に工場が
あるニットメーカー「高橋ニット」さんの
ものです。

女性なら誰でも知っているような有名
ブランドのニット製品を長年手掛けてきた
メーカーだけに、糸選びや編みの技術
には光るものがあり、その自社製品という
ことで、品質は良く、価格は手ごろなのも
嬉しい限り。

当店では10年以上お取り扱いをしてきた
ロングセラーの巻き物たちですが、その間
の諸経費・原材料高騰の影響で、今後
この価格で生産を続けることは難しい・・・
ということになり、今回残念ながら廃盤が
決まりました。

当店の会員のお客さま限定で
30%~40%OFFのスペシャル価格で
お求め頂けますので、ぜひこの機会に
ご覧ください。

1、年中活躍するFU-WAショール

ご好評につき完売しました

_MG_2949

FU-WAショール」が当店のラインナップに
加わったのは2007年。
上質の素材、抜群の肌触りで、なおかつ
裾に特殊なフリルのデザインが施されて
いるという、ニット屋さんらしい一枚です。

この裾のデザインは、好き嫌いが分かれる
かなーと思ったのですが、「これがあるから
華やかに見える」「裾が少し重くなる分、
おさまりがいい」と大好評。

_MG_2963

どうやって編んでるの!?と思うような凝ったデザイン。程よい重みで、自転車に乗った時にもおさまりがよくて助かった、とのお声も。

素材はシルク85%、キャメルウール15%
と天然素材100%で、肌触りの良さから
秋から春までずっと使う、というお客さまが
多いのもこのショールの特長です。

唯一の難点は、シルクがメインの繊細な
編地なので、引っかかりに要注意なこと。
なるべく引っ掛けないようにするには、
首元にコンパクトに巻くのがおすすめです。

_MG_2959

薄手ながら、キャメルウールが入っているので思いのほかあたたか。首元をすっかり覆うと冬でも使えます。

軽くてあたたか、肌触りもしっとり、という
ことで、お母様・おばあ様世代への
ギフトにもおすすめです。

2、カシミア入りのFU-WAスヌード

2種類の編地でアレンジを楽しんで

次にご紹介するのが、特に高橋ニットの
デザイナー高橋さんがおすすめという
FU-WAスヌード」。

_MG_2970

カシミア25%、シルク25%、ウール50%と
こちらも厳選された天然素材を使った、
軽くてふっくらとあたたかな一品です。

これを二重巻きにして、電車で寝ると、
肌触りがよくて熟睡できるという声を
くれたお客さまもいらっしゃいました(笑)。

_MG_2998

こんなふうに中央が切り替えになって
おり、レース編みと無地の2種類が
つながっています。どちらを表に出すか
で表情が変わり、アレンジが楽しめます。

KANE0589

_MG_2992

素材の良さを主役にした、控えめなデザイン。
どんな服にも合わせやすいスヌードです。

3、透かし編みが繊細なマルチストール

機能繊維を使った技アリな一枚

コアブリッド・サーモキャッチという
機能系の繊維で作られた「透かし編み
マルチストール」。

両端にボタンがついていて、袖を通し
たり、羽織って前で留めたりすることも
できる、3way仕様です。

KTWO0696

KTWO0705

コアブリッド・サーモキャッチとは、繊維の
深芯部に特殊微粒子を練り込んだ、
白色系光吸湿発熱・伝導繊維のこと。
太陽や白熱灯の熱に反応して温度が
あがる(暖かくなる)ので、薄く見えても
肌寒い日の強い味方。

基本的にはマフラーのように首に巻くか、
肩から羽織るのが、透かし編みの美しさ
が映える点も含めておすすめですが、
予想外の寒さにブルっとなったときは、
前でボタンを留める着方をすると、
上半身を冷えから守ってくれる、技アリ
な一枚です。


今回廃盤が決まった商品は以下の
通りです。在庫限りの特別価格です
ので、是非この機会に高橋ニットさん
のものづくりに触れてみてください。

このコラムを書いた人

柳沼 周子

スタイルストア バイヤー

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

特集 / キャンペーン