テーマ別おすすめアイテム

夏にかぶりたい帽子をくらべました

2017年06月24日更新

0623-126

こんにちは。
今までは帽子をかぶる習慣がなかった
私ですが、当店の素敵な帽子たちを
見ていたら、「今年こそ帽子デビュー
したい」と思うようになりました。

ただ、実際に選ぶとなるとどこが違うのか
比較がしづらくて、どれが良いか迷う・・・
そこで、気になっていた帽子4種類を
くらべてみました!

0623-150

今回、比較するのはこちらの4種類。
どれも当店で人気の帽子です。

ちゃんと「日よけ」になるか

夏の帽子に私が求めるポイントは、
紫外線をちゃんとガードできるかどうか。
つばの長さや角度によって、違いが
あるのです。

bousi2

①Lino e Lina/マノン ハット

つばの長さは約12cm。
ダントツで日よけができるのはこちら!
すっぽりと顔を覆うことができ、
気になる首の後ろまでガードします。

②SASAWASHI/手編み帽子

つばの長さは約11cm。
しっかりと顔を覆ってくれます。
ツバは程よく広がります。

③odds/プレーンワイヤーハット

こちらもつばの長さは約11cm。
ワイヤーが入っているので
つばの角度が調整しやすく、
女優帽のような雰囲気。

④TERAIcraftment/カディコットンリボンハット

つばの長さは約10cm。
つばがやや短いので、顔全体を
覆うまではいきませんが、少しの
外出程度ならこれくらいでも十分。

長時間のアウトドアなどで絶対に
日焼けしたくない時には、
マノンハットがおすすめです!

デイリーに使うにはデザインの好みや
その他の特徴で選ぶのがよさそう
ですね。

どんな特徴があるのか

それぞれに個性のある帽子たち。
続いて、どんな特徴があるかも
くらべてみました。

0623-156

①Lino e Lina/マノン ハット

リネン100%のこちら。
麻は通気性が良い上に乾きが早いのが
特徴です。なによりも、洗濯機で丸洗い
できるのが嬉しいポイント。

HG137-08-0000-0008_01

つばが長いので紫外線を徹底的に
ガードしたい方や、アウトドアや
フェスなど、夏のイベントでたくさん
汗をかくときにおすすめの帽子です。

②SASAWASHI/手編み帽子

笹和紙の特徴である抗菌・防臭効果が
期待できるこちら。
さらに、天然のUVカット効果や
断熱性を兼ね備えています。

HB505-43-0000-A042_04

数ある夏の帽子のなかでも、
うれしいUVカットや消臭効果など、
機能面に高い期待ができる帽子です。

シンプルなデザインは年齢問わず
かぶれるので、贈り物としても
喜んでもらえそうですね。

③odds/プレーンワイヤーハット

リボンを留めれば小さく畳めて、
持ち運びにとても便利なこちら。

畳める柔らかな素材の帽子は
よくありますが、畳んでもシワに
なりにくいのがポイントです。

0414-177

夏の旅行のお供に持っていけば
絶対に活躍すると思いますよ。

_MG_8383

つばにワイヤーが入っていて
形が作りやすいこちら。
女優帽みたいにかぶれるのが
ステキだなーと思います。

④TERAIcraftment/カディコットンリボンハット

こちらの最大の特徴は、
スベリが取り外して洗えること。

0615-185

おでこの部分にファンデーションが
ついて汚れてしまうのが気になる方も
多いと思いますが、汚れを気にせずに
かぶれるのがうれしいですよね。

ペーパー素材で風通しが良く、
真夏はデイリーに使えそうですね。

こうやって比べた結果、
私が今年ほしいなと思ったのは
TERAIcraftment のリボンハット。

毎日の通勤にも大げさすぎず、
ファッションとしても楽しめるのに
スベリ部分も洗えて清潔に
かぶれるというところが良いなと
思いました。

夏のレジャーの計画も立て始めた
この頃。外で思い切り楽しむために、
今年は帽子を取り入れてみようと
思います。

どれも魅力的な帽子たちなので、
使うシーンやそれぞれの特徴を
くらべてじっくり選んでみてくださいね。

このコラムを書いた人

天野 愛子

スタイルストア アシスタントバイヤー

天野 愛子

スタイルストアでアシスタントバイヤーをしています。

特集 / キャンペーン