バイヤーからのお便り

一石二鳥!収納にもつかえるカゴバッグ

2016年04月05日更新

A977_basket (12)

おでかけ用のバッグとしても、
見せる収納としても使える、カゴバッグ。

アンティーク調の雰囲気が魅力的な
アンキャシェットのアラログバッグは
家でも外でも、様々なシーンで活躍します。

がっしりした作りと絶妙なバランス

アラログ、という素材は聞きなれないかもしれませんが
フィリピンに生息するラタン(籐)の一種で、
ラタンよりも希少価値のある素材です。

フィリピンで一つ一つ手で編まれているのですが、
アラログのカゴは男の人でないと
作れないと言われるほど、
編むのに力の要る大仕事なのだそう。

A977_basket (11)

ということは、それだけ頑丈で丈夫。
重みによる変形やたわみが少ないので
安心して物をたくさん入れられます。

気分が高まるカゴバッグでおでかけ

K1DX1305

このアラログバッグの魅力は
大人っぽい女性らしさがありながらも、
甘すぎないところ。

まるみのあるフォルムと、
ざっくりとした編み方がうまく中和して
フェミニンに仕上がっています。

A977_basket (18)

アクセントは、アンキャシェットの
ロゴが入った白いリボン。
このリボンは外すこともできるので、
お好きなハンカチなどをまいて
アレンジしても良いですね。

K1DX2434

おでかけ用として使うのであれば
オーバルバッグがおすすめ。
適度に深さがあるので
長財布もきちんと入る、
普段のお出かけにちょうど良いサイズです。

03301017

腕にかけられる持ち手の長さなのも
バッグとして使い勝手の良い
ポイントのひとつですね。

カゴバッグって、浴衣などの和装をはじめ、
ジーンズなどのカジュアルな装いにも
女性らしいワンピースにもぴったりで、
意外と万能アイテムなんですよ。

03301392

持つだけで、女性らしさと季節感が増して、
気分が高まります!

だらしなさを隠してくれるカゴは収納の味方

お気に入りのインテリアに囲まれて生活したい!
とは言え、家の中には生活感溢れるものが
散在しているという厳しい現実・・・。

A977_basket (14)

そんな時は、なんでもかんでもかごに放り込んで、
お気に入りのハンカチを掛けておくだけで
素敵なインテリアに早変わりします。

サイズ別に、それぞれ
おすすめの使い道はこんな感じ。

ショートハンドル

A977_basket (10)

浅くて細長いショートハンドルは、
水筒やお弁当箱を入れるのにぴったり。
野菜の保管にも便利ですね。

オーバルバッグ

A977_basket_top (2)

オーバルバッグは、エプロンやキッチンクロス、
生活感が出やすいレジ袋など、
キッチンまわりの小物を入れるのに最適。
ちなみに500mlのペットボトルが
ちょうど3本入るサイズです。

持ち手をうまく使って壁掛けにして
使っても良いですね。

クロップバスケット

A977_basket_top (1)

収納力がある クロップドバスケット
缶詰やレトルト用品、乾物、パスタなどの
保存食品を収納するのにぴったり。

オーバルボックス

A977_basket (13)

オーバルボックスは、
S,M,Lが入れ子になった3点セット。

A977_basket (5)

↑コンパクトなSサイズは
洗面まわりのものをまとめるのに最適。

A977_basket (16)

↑Mサイズは、読みかけの雑誌入れや

A977_basket (8)

玄関のスリッパ入れ、

A977_basket (7)

お風呂場前のバスタオル入れなどに使える、
使い勝手の良いサイズ。

A977_basket (4)

Lサイズは、脱いだ服を一旦
入れておく場所にすると
床に服が散らばるのを防止できます。

オーバルボックス

しかも入れ子バスケットは
それぞれ蓋つきなので、
食器棚の上に並べておいても
埃をかぶらず安心です。

しばらく使わないものを中にしまって
食器棚の上などに乗せておくと
見せる収納になりますね。

アラログのカゴについてのご注意点

A977_basket (1)

アラログは天然のものを無塗装で使っていますので、
部分的に色の黒ずみや斑点があったり、
素材の色の濃淡もばらつきがあります。
ご理解の上お求めくださいませ。

K1DX2398

また、アラログの先端部分に
収納物がひっかかる場合があります。
繊細な生地のスカーフやストール、ニット、衣類など、
引っかかりやすいものは収納しないで下さいね。

A977_basket (9)

使い道いろいろなアラログバッグ。
ぜひ、皆さんならではの収納のアイデアも
「つかい手の声」で教えて頂けたら嬉しいです。

このコラムを書いた人

畠田 有香

スタイルストア バイヤー

畠田 有香

ショッピングユニットでバイヤーをしています。その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

特集 / キャンペーン