バイヤーからのお便り

【みんなの知恵袋】風呂敷でワインを包む方法

2016年11月02日更新

furoshiki_09

旅行に行く時に服を包んだり、
自宅では目隠し代わりに使ったり、と
個人的に、かなり愛用している
「風呂敷」。

手土産を包んでいくこともありますが
「えっ!風呂敷!」と、
驚かれることもしばしば。
中でも、風呂敷で包むと便利だなあと
思うのは、ワインボトルなどの
形の変わったものです。
(紙だと包みづらいんですよね・・・)

ボジョレーヌーボーももうすぐ解禁。
これからクリスマスや年末に向けて
お酒などを持参される機会も
増えてくるかと思うので
「ワインボトルを風呂敷ラッピングする方法」
をご紹介します!

準備するもの

・ワインボトル(フルボトル)1本
・70cm四方くらいの風呂敷 1枚
・輪ゴム 1本

包み方

furoshiki_01

まずは、風呂敷の真ん中に
ワインを置きます。

furoshiki_02

手前の角をワインにかぶせ、
そのあと、上の角もかぶせます。
折り返した上の角が、ワインより
長くならないように注意。

furoshiki_03

左右の風呂敷をぎゅっとつかんで

furoshiki_04

ボトルに添わせるように交差させます。

furoshiki_06

交差させた風呂敷を、そのまま
ボトルの反対側に持ってきて
根元を輪ゴムで縛ります。

furoshiki_05

縛るとこんな感じ。

furoshiki_08_2

風呂敷の端を少しだけ、もう一度
輪ゴムの中に入れ込んで
花と葉を作れば・・・

完成!!

furoshiki_07

簡単ですが、ひと手間加えることで
より特別感が増しますよね。
かわいい風呂敷で包んでそのまま
風呂敷ごとプレゼントしても良いですし、
何より、ラッピング資材のゴミが
出ないところも、エコでいいなーと
思うのです。

なにより渡す時に驚いてくれるのが
嬉しい、風呂敷ラッピング。
みなさんもぜひお試しください。

↑ワインボトルを包むのにおすすめの70cm。
紫は慶事やお葬式にも使える
便利な一枚です。

※スタッフ私物で包んだため、
写真の色柄のものはお取扱いがございません。
ご了承くださいませ。

このコラムを書いた人

畠田 有香

スタイルストア バイヤー

畠田 有香

ショッピングユニットでバイヤーをしています。その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

特集 / キャンペーン